MRの仕事

リモート会議を疲れずに乗り切る方法について考える

こんにちは。

現役MRのリョウタです。

新型コロナでの活動制限もおおかた1年が経ちましたね。

100年ぶりのウイルスパンデミックですので、この状況は今生きている人はほぼだれも経験したことがないため、何もかもが手探りの状態です。

私もMR歴は15年以上になりますが、この状況で仕事をするというのは初めてなので、なんか疲れています。

特に、リモート会議は本当に疲れますよね。

今回は、リモート会議を疲れずに乗り切る方法について、私がやっているものを共有したいと思います。

リモート会議を疲れずに消化するには

私の会社では営業所がないので、今は基本在宅での仕事が中心になっています。

この環境になった当初は、出張もなくなって自宅にいる時間が増えたことを喜んでいましたが、そのうちなんか疲労感を感じるようになってきました。

仕事量としては制限された分かなり少なくなっているはずなのに、疲労感はかなりのものです。

その要因の一つが、社内のリモート会議ではないでしょうかね。

みなさんの会社でも、この1年やたらと会議の回数が増えたのではないでしょうか。

ウチの会社でも、1日に3回も4回もリモート会議に参加しなくてはいけないことがあります。

本社の人間でも管理職でもないイチMRが、1日にいくつもの会議に参加しなけりゃいけない状況なんて、コロナ以前にはまずなかったことですね。

Zoomなどに代表されるWebミーティングは通勤時間を省くことができて大変便利なのですが、手軽にミーティングができるがゆえにたいした目的がなくてもミーティングを開いてしまうようになってしまうのが辛いところです。

営業所の毎週の定期ミーティングなんか、もはや生存確認でしかない状態です。

リモート会議はリアル会議と違って、平面のPC画面をずっと見続けなければなりませんから、眼が疲れます。

眼精疲労から肩こりや頭痛がひどくなることもあり、一度そうなるとしばらく治りません。

さらに、外や病院内を歩き回ることがなくなって、リモート会議で座っている時間が激増しましたから、背中やお尻が痛くなりますし、長期的には健康にもかなり悪影響になるはずです。

着座時間と死亡率の関係は世界中で研究されており、着座時間が長いほど死亡リスクが高くなるという研究結果が数多く出ています。

このうえ、会議やミーティングだらけでストレスが溜まっていくんですから、疲労感が取れなくなるのも当然ですよね。

そうはいっても、会議には不参加という選択肢はありませんから、この問題は会議に参加しながらできるだけ解決したり軽減する必要があります。

そこで、私が実践している、リモート会議の疲労感を軽減できる方法を紹介したいと思います。

立って会議に参加する

これはわりとやっている方も多いんじゃないでしょうか。

ノートPCなどを直立したときの目線の高さに設置して、立ってリモート会議に参加することで、リモート会議疲れを多少軽減できます。

座らないで立ってる方が疲れが軽減できるってなんか変ですが、ずっと座っているのも疲れるということですね。

ワイヤレスイヤホン

アップルのAirPodsに代表されるようなワイヤレスイヤホンですが、Amazonなどではかなり色んな種類の商品があります。

中には、AirPodsよりもさらにコンパクトで、耳の中にすっぽり収まるタイプのイヤホンも数多くあります。

そんなイヤホンならば、リモートで会議に参加していても、画面越しにはほとんど見えないんですよね。

なので、スマホで好きな音楽を聞きながら会議に参加したり、横にもう一台自分のPCを置いてYou Tubeを見ながら参加しています。

リアル会議ではできなかったことなので、これはリモート会議の良いところですね。

会議の肝心な内容を聞き逃さないように注意は必要ですけど(笑)。

背景を工夫する

この方法は全社会議のような、ある程度大人数でのリモート会議で威力を発揮します。

例えば、Zoomなら背景を自分の好みのものに替えることができますが、その背景で自分の映像が映っている画像を作ります。

具体的には、Zoomの会議画面で自分が映っている映像をスクショして、それをバーチャル背景としてアップロードします。

それを選択して背景にしておけば、自分が画面から抜けてもなかなかバレません(笑)。

しかし、じーっと見られると全く動かないのでバレます。

少人数のミーティングでは使えませんが、大勢が参加する会議なら少し席を離れて息抜きできますので、会議がかなり楽になります。

まとめ

これだけリモート会議が増えると、クソ真面目に参加していたら疲れるだけでなく健康を害することになってしまうかもしれません。

たくさんの会議の中から、重要度によって要領よく参加するものとそうでないものに分けて疲労を軽減させましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おススメしたい転職エージェント、キャリアコンサルタント

昨今、働き改革という言葉を中心にライフスタイルの多様化が良く言われますが、転職についても同様のことを考慮する必要があります。

転職先が自分の思っていた環境と違った、新しく始めた仕事が向いてなかった、ということになるとただでさえ職の流動性という意味では閉鎖的な国内市場ではかなり不利な状況になります。

そういう事態を防ぐためにも転職エージェントやキャリアコンサルタントと常にコンタクトをとることは重要です。私がいつもお世話になっている転職エージェントも含めて、おススメを紹介したいと思います。

ハイクラス・外資系転職に強い「JAC Recruitment」

日本に参入して30年、海外で起業して45年の実績を誇る「JAC Recruitment」

特にハイクラス・外資系案件に強いですが、他のエージェントと比較しても幅広い求人案件を取り扱っています。

定期的に自分に合った案件も紹介してくれるので、今すぐ転職を考えている人だけでなく、自分の市場価値を知りたいという人にもおススメです。

自分のやりたいこと、適性を見つける「ポジウィルキャリア」

自分のキャリアプランに悩んでいる方には転職エージェントに行く前にそもそも何をしたいのかを定める必要があります。

といっても自分の周りには限られた情報しかなく、1人で考えていても答えは出ない。そんな方におススメなのが「ポジウィルキャリア」です。

自己分析から今後のキャリアプランまでのコンサルを受けることができ、今後の自分のキャリアの指針にすることができます。

-MRの仕事
-

© 2021 現役MRのブログ Powered by AFFINGER5