時事ネタ

新型コロナワクチンの接種開始に向けて考えておかなければならないこととは?

時事ネタ

こんにちは。

現役MRのリョウタです。

新型コロナワクチンは海外ではすでに承認されており、先進国ではかなり多くの国で接種が開始されています。

日本でも、ファイザーとバイオンテックのワクチンが12月に承認申請されており、2月にも承認される見通しですが、海外と比べると遅れていますね。

臨床試験では非常に有効性が高いことで評価が高かったmRNAワクチンですが、いざ自分たちが接種することになる前に考えておかなければならないことがありますよね。

新型コロナワクチンを打つかどうか

ワクチン接種までに考えておかなければならないこととは、「ワクチンを接種するかどうか」です。

新型コロナウイルス感染拡大を阻止するためには、国民の3分の2がワクチンを接種して集団免疫を獲得する必要があると言われています。

それは理解できるのですが、一方で新型コロナワクチンは開発を急いだこともあり、まだまだ臨床で何が起こるかはわからないところがあります。

臨床試験の段階では安全性の高さが評価されていましたが、実際に投与が始まっている海外では副反応が見られたという報道が相次いでいます。

先日、米国の50代の医師がワクチンを接種後、重度の皮下出血を起こし、16日後に死亡したという報道がありましたし、介護施設に入居している高齢者に優先的に接種を開始しているノルウェーでも、33名の死亡が確認されているという報道もありました。

まず最初に、基礎疾患のある人や高齢者に優先的にワクチンを接種しているため、ある程度副作用が出る確率は上がることは仕方がないんだと思います。

しかし、本来ワクチンは医薬品以上に臨床試験をクリアして承認までこぎつけることが困難なジャンルであるだけに、新型コロナワクチンを急ピッチで承認させたことは実臨床で思わぬことが起こる可能性が上がるということを覚悟しておかなければなりません。

しかも、ファイザーとバイオンテックのワクチンやモデルナのワクチンはmRNAワクチンですが、このタイプのワクチンは今回が世界初の臨床使用で、今までどのワクチンでも使用されたことがありません。

今までのワクチンは病原体を不活化させたり弱毒化させたりして投与して免疫を誘導させていました。

しかし、mRNAワクチンは免疫を誘導する、ウイルスの一部をコードするRNAだけを投与するため、副作用が少ないと評価されています。

理屈の上では副作用は少なそうですが、これまでにどのワクチンでも承認されて臨床使用されたことがないということや、治験でも圧倒的なスピードで承認されていますから、一抹の不安はあります。

ましてや、独身の方は自分だけの判断でワクチンを打つか打たないかを決めることができますが、家族持ちの方は家族全員の接種の可否を決めなければなりません。

私も家族がいますので、もしも万が一なにかあったらと考えると、ワクチンを接種するかどうかを即決することはできません。

ワクチン接種の順番は?

幸か不幸か、新型コロナワクチンを接種することができるようになるまでにはまだ少し時間があります。

政府によると、2月中にファイザーとバイオンテックのmRNAワクチンが承認されると、2月下旬からまず医療従事者への接種が開始される予定になっています。

その後は、高齢者への接種が始まり、基礎疾患を持っている人、高齢者施設の職員の人へと接種を進め、その後ようやく一般人への接種となります。

時期は未定ですが、一般人の接種が開始になるのは今のところ4月以降となっていますし、米国では予定よりも少し遅れていたということもあるので、最低でもまだ3ヶ月以上は時間がありそうです。

その間に世界でも接種が進んでいくと思いますので、データも蓄積されていくはずです。

人口あたりの接種回数で世界トップを走るイスラエルでは、すでに国民の3分1が接種していて、実際に感染率に変化が見られはじめているようです。

ファイザーとバイオンテックの新型コロナワクチンは昨年の12月7日に世界初承認されて、まだ1ヶ月半しか経っていませんが、すでに数千万回の投与実績があります。

3ヶ月後には、さらに多くの投与実績が得られているはずですので、さらに判断はしやすくなっているんじゃないかと思います。

日本はワクチンで遅れを取ってしまっていますが、実績をもとに判断できるという意味では良かったのかもしれません。

もう少し時間がありますので、ゆっくり考えましょう。

まとめ

どんな薬やワクチンにも必ず副作用はありますし、今回のmRNAワクチンはすでに数千万回投与されているので、数例や数十例の副作用というのは不思議ではないです。

軽い副作用などを含めると、もっと多くの副反応があるのも仕方ないですが、自分の家族が接種するとなると、やっぱり万が一のことまで考えなければならなくなりますよね。

しかし、海外旅行に行ったり、大勢の人が集まる場所に出かける事ができるようになるためには、やっぱりどうしてもワクチンを接種するしかないんじゃないかと思います。

長期的に考えると接種するものですから、それなら早く接種したほうがいいような気もしますし・・・。

皆さんはどうされますか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました