MRの転職タイミング

MRの転職タイミングはいつがベスト!?

MRの転職タイミング

新卒から会社に入って3~4年すると、ひととおり会社のこととか、仕事のこととかが見えてくるようになりますよね。

そこで多くの人が「このままこの会社にいていいのかな?」とか「オンコロジーの専任やってみたいな」とか考えるようになるのが27歳~30歳くらいではないでしょうか。

私は異業種からMRに転職したのも27歳の時ですし、だいたい3~4年で新しい仕事にチャレンジしたくなります。

でも、転職をしたことがない人は、どうせやるならできるだけ良いタイミングを見計らいたいですよね。

ではいったいMRの旬な転職タイミングはいつなのでしょうか。

転職市場で需要が高い年齢が旬!

年齢については、募集する会社のほとんどが原則的に上限を設けています。

ですので、結論から言うと年齢は若ければ若いほど有利になります。

だって、同じ仕事をしてくれるなら若い方が給料が低いからコストも少なくて済むし、活動量も多いし考え方の柔軟性も高いですから

ただ、スペシャリティ領域の経験者を募集するときなどはもう少し柔軟に採用してくれる場合が多いです。

なぜなら、年齢が高くてもその領域の経験がすごく豊富とか、オピニオンを長く担当していたとか、地域の特性を良く知っているとか、新規参入する会社にとって欲しい情報をたくさん持っている人は必要だからです。

だから、外資系バイオベンチャー企業の平均年齢は40歳代だったりします。

だから、30歳代前半までくらいの方は年齢に関してはほぼ全ての募集案件で対象になりますが、30歳代後半以降の方は今自分が担当している製品領域に関連する案件が出てきたときが旬な転職タイミングということになると思います。

担当の疾患領域で新規参入の会社があるとき

上記でも少し触れましたが、私は他の条件に関わらず、今担当している最も得意な領域で新規参入してくる会社に転職するというのが最も旬なタイミングだと考えています。

なぜなら、転職市場で最も自分の価値が高くなるタイミングだからです。

要するに、年収を上げられる可能性が最も高いタイミングです。

必要とされる転職ができて、なおかつ年収も上げられる…。

転職後は社内でのプレゼンスを上げるチャンスも増えますし、やっぱり一番のチャンスですよね。

あまりしょっちゅう来るチャンスではないですが、来たときにはすぐに飛びつけるように情報収集しておいた方がいいですね。

スペシャリティ領域で未経験者の募集があるとき

これは主にプライマリー領域を担当しているMRの方がスペシャリティ領域の製品を担当したいときには非常にチャンスです。

たとえば、オンコロジー領域の募集で、未経験者も可とか。

最近は供給過剰ぎみで少なくなってきていますので、このような募集があった時に迷っていたらすぐに埋まってしまうと思います。

もちろん若い人の方が有利ですので、30歳代前半までのプライマリー領域のMRで、スペシャリティ領域に興味がある方はこのチャンスを逃さなようにしてください。

普段から募集情報を収集しておこう!

転職のタイミングについて考えている人は、今は特に何も不満がないのですぐに動かないという人もいると思います。

でも、そういう人も常に募集の最新情報は入手しておきましょう。

なぜなら、そもそも良い募集案件は少なくなってきていますし、以前よりもはるかに募集がクローズするのが早いからです。

「千載一遇のチャンス」が来たとき、普段から転職について考えていない人はすぐに決断ができずチャンスを逃してしまいます。

だから、転職することを決断していない今から準備だけはしておいた方が絶対に良いです。

では具体的にどんな準備をしておけば良いのでしょうか。

おすすめの情報収集方法!

まずは転職サイトに登録してエージェントと電話やメールで連絡をします。

自分が過去にどんな製品を扱ってどんな工夫をしてどんな成功や失敗をしたのか。

また、今後の自分のキャリアアップのためにどんなポジションを目指したいのか。

年収はどのくらいまで上げていきたいのか。

そのようなことを話し合いながら、履歴書や職務経歴書を作成してみるだけで自分の今までの成果や将来のキャリアパスをまとめることができます。

これまでの経験、これからの希望についてエージェントの人と相談し、最新の求人情報について定期的に情報収集しておきます。

1つの転職サイトだけでなく、できれば2~3社登録し同じことをしておきます。

外資系に強い会社や国内大手に強い会社など、得意不得意がありますのでその方が幅広く募集情報をカバーできます。

このように、転職について考えるということは自分の活動履歴と今後のキャリアについて深く考える良い機会になり、自分について多くの新たな発見があります。

また、希望が叶うような募集が出てきたときに素早く反応することができます。

転職サイトに登録したら必ず転職しなければいけないことはもちろんないですので、結果的に転職しなかったとしても自分のキャリアについて考えたり、他社の最新の募集動向について情報が得られるようになるなど、メリットがたくさんあるので是非やってみてください♪

DODAはMRの転職に強いので、無料登録しておいて情報収集してみてください。

転職ならDODAエージェントサービス

JAC Recruitment

ビズリーチ

ランスタッド

コメント

タイトルとURLをコピーしました