MRのアーリーリタイア

【FIREを目指す方必見】貯金が1,000万円を超えたら次にどうすればいいの?

MRのアーリーリタイア

こんにちは。

現役MRのリョウタです。

製薬企業は他の業種の企業と比べても比較的給料が高めですので、貯金はしやすいと思います。

1,000万円という貯金は、貯金を始めた人が目指す金額ではないでしょうか。

ただ、少し頑張って貯金をして、ようやく1,000万円の貯金ができたとしても、その次にどうしたらいいかわからなくなる方ってわりと多いんじゃないかと思います。

もちろん、次は2,000万円に向かって貯金しても良いのですが、「また同じだけの金額をはじめから貯めるのか・・・」と考えるときついような気がしますよね。

今回は、1,000万円の貯金を達成した人が次に進むべき道について私なりの意見を共有したいと思います。

複利を目指せ

冒頭から結論を出しましたが、「複利を目指していく」ということが次に進むべき道になります。

これの意味がわかる方はこの記事を読む必要がないかもしれませんね。

わからない方はもう少しお付き合いください。

1,000万円を貯金することができて、また次の1,000万円を何年もかけて貯金しても良いのですが、もう一度同じことを繰り返すのは心が折れそうになります。

ところが、複利が効けば年月が経つごとに貯金以上に資産が大きくなっていきますので、心が折れずに継続できます。

たとえば、年間200万円貯金ができるとしたら、1,000万円を貯金するのに5年かかります。

貯金の額がどれだけ増えても5年かかることは変わらないですよね。

これが、複利が効いた状態だと変わります。

例として、1,000万円の貯金がある状態で、年間200万円ずつ5年間貯金できたとします。

これを5年間、年利平均5%で運用できたと仮定して、5年後にいくらになっているか。

年間200万円は月17万円ずつ貯金した(年間204万円になります)ということにして計算しています。

年数貯金のみ年利5%運用
1年目12,040,00012,597,351
2年目14,080,00015,322,657
3年目16,120,00018,184,229
4年目18,160,00021,188,878
5年目20,200,00024,343,759

貯金のみ行った場合、5年後には2,020万円になっています。

そして、元の1,000万円と毎月貯金する17万円を年利5%で運用していくと、5年間で2,434万円になっています。

同じように毎月17万円ずつ貯めていっても、運用するかしないかだけでたった5年間で400万円以上の差がつくのです。

毎年5%で運用することはどのくらいの難易度があるのかというと、たとえばアメリカのS&P500という有名な株価指数があります。

その年平均パフォーマンスは過去5年で15.2%です。

過去10年だと13.9%、過去20年だと7.5%、過去30年だと10.7%となっています。

つまり、どの時点で運用していても年利5%はほぼクリアできる水準です。

むしろ、最近やっていたらはるかに高いパフォーマンスになっていたということです。

S&P500に連動するようなETF(上場投資信託)やファンドで運用すれば、十分達成可能ですね。

もちろん、5年ではなく10年、20年と運用を続ければ、複利が効いてさらにとんでもない差が生まれることは間違いがないです。

1,000万円ほどの元本があると複利が効きやすくなりますが、もちろんそこまで貯金がない人でも運用して複利を目指す方が良いです。

S&P500に連動するETFって何買えばいいの?

コツコツと現金預金を続けていくよりも、多少のリスクはありますが運用をして複利を目指した方がはるかに高い資産形成が目指せますし、モチベーションも上がります。

そうは言っても、全く運用なんてやったことがないと、どこの証券会社でどうすれば良いかわからないと思います。

それについてはググればたくさん出てくるので、本当にそうしようと決心した方はすぐにわかるとは思いますが、簡単に紹介しておきます。

まず、証券会社は断然ネット証券が良いと思います。

理由は、どんな金融商品を購入するにしても手数料が圧倒的に安いからです。

また、購入や売却もネットで完結できるので早いです。

大手の有名証券会社なんかだと、電話で営業マンに指示しないと購入や売却ができないというところもあります。

昭和時代のままですね。

ネット証券はマネックス証券、楽天証券、SBI証券の中で好きなところを選んで口座開設します。

そして、海外ETFの「SPY」というティッカーシンボルの銘柄を探して毎月購入できる金額で積み立て購入していきます。

これだけです。

SPYはETFの中で最も歴史が長く、かつ最大の資産残高を誇ります。

構成銘柄についても紹介しておくと、トップ30銘柄は以下のようになっています。

最近だと、少し前にEVメーカーのテスラがS&P500に組入れられましたので、SPYにもテスラ株が入ってきていると思います。

S&P500はアメリカの代表的な企業500社が組入れられていますので、SPYを1つ持っておくだけで500社にバランスよく分散して資産を運用することができ、安定した年利を得ることが期待できます。

もちろん、2008年のリーマンショックや昨年2月のコロナショックのように下落することもありますので、あくまでも年単位の平均利率を意識することが大切です。

さいごに

1,000万円の貯金ができると、達成感が出てしまってそれ以降貯金のモチベーションが下がってしまうこともあると思います。

そこで、最も安定していてバランスが良いSPYで長期運用することで、また毎月貯金するモチベーションが上がるのではないかと思います。

ちなみに、1,000万円の元本プラス毎月17万円ずつ貯金しながら運用して、先ほどの5年を超えて10年経つとどうなるかについても計算しました。

年数貯金のみ年利5%で運用
1年目12,040,00012,545,080
2年目14,080,00015,259,078
3年目16,120,00018,108,776
4年目18,160,00021,100,958
5年目20,200,00024,242,748
6年目22,240,00027,541,630
7年目24,280,00031,005,456
8年目26,320,00034,642,474
9年目28,360,00038,461,340
10年目30,400,00042,471,150

貯金のみだと3,000万円になるところが、運用によって4,200万円になることがわかりました。

税金などは考慮していませんが、これまたモチベーションアップになるのではないでしょうか。

10年間、貯金額を変えずに毎月毎月愚直に運用するのはなかなか大変ではありますが、チャレンジする価値はあるのではないかと思います。

なお、さらに安全な運用をしたいという方は、アメリカ株式市場のほぼ100%が組入れられている「VTI」や、世界の株式市場に分散されている「VT」という選択肢もあると思います。

平均の年利率は低くなる可能性が高いですが、リスクも低くなります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました