MRのアーリーリタイア

MRの上手なサボり方を考える(前編)

MRのアーリーリタイア

こんにちは。

現役MRのリョウタです。

サラリーマンをリタイアするために絶対必要な第一歩の記事に書いたようなことができてくると次はどうすれば良いのでしょうか。

答えはもちろん、リタイアできるような収入をサラリーマン以外から得られるようにならなければいけないんですけど、何をやるにしても時間を作ることが必須になってきます。

まずは副業から始めていかなくてはならないんですが、副業ですら相当な手間と時間をかけなければ本業(MRであればなおさら)を超えるような収入を得ることは難しいことがすぐにわかってきます。

本腰を入れて自分の手で収入を得ようと思ったら、次にやるべきことは「時間の確保」です。

「MRは時間の融通が利きやすいけどそれでもけっこうやることがあるから、そんなに時間かかるなら副業なんてできないかな」と思ったみなさん、アーリーリタイアを企てるなら仕事に対する意識から変えなければなりません。

そう、「仕事をいかにして上手くサボるか」です。

自分の作業時間に充てるために、やってるフリでいけそうなところは全てサボるのです。

今回は、いかにしてMRが上手くサボるかを研究していきたいと思います。

また文字数が多くなりましたので前編と後編に分けています。

後編につきましては次回アップしますので、よろしければセットで読んでいただけると嬉しいです。

日本人はマジメ過ぎ

日本人は基本的に他国と比べてもかなり真面目で責任感が強いという特徴があります。

海外に暫く滞在したことがある方ならご存知かと思いますが、日本人以外の人に締め切りや期限を約束しても普通に守られることはありません。

逆に日本人であればかなりの確率で期限通りに返事があります。

これはこれで良いことですし、日本人の良い特徴の一つではあるんですが、責任感が強すぎて損していることもあると思います。

日本のMRと同じくらいの年収を得ているホワイトカラーのサラリーマンでも海外の人は人生の中で仕事の位置づけが低いです。

家族を大切にしますし、自分の趣味や楽しみを優先させます。

日本人も仕事に対する考え方を変えてもう少し優先順位を下げても良いんじゃないかと思っています。

人生を賭けて会社で成功したいと思っている人はそれでもいいかもしれませんが、そうは思っていない人ならもっともっと仕事の優先順位を下げましょう(笑)。

プレッシャーを感じ過ぎている人はそれでかなり楽になりますし、仕事以外で新しいことをやってみようという気が湧いてきます。

私も30歳くらいからそう思うようになり、それまでは「数字の未達や何かのミスがあってはならない」とかなりのプレッシャーを勝手に抱えていましたが、そういう重荷が消えてすごく楽になりました。

私のように性格がマジメな方はまずMRという仕事に対する意識を少し落とすところから始めてみてはいかがでしょうか。

良いサボりと悪いサボり

MRをサボる理由が「サラリーマン依存からの脱却」にある限り、良いサボりと悪いサボりが存在します。

それを間違えてしまうとただのサボリーマンになってしまいますので気をつけましょう。

あくまで「MRとは違う道で成功するために、MRをサボる」のです。

だから、MRの活動を削った時間は全て自分で稼ぐための時間に充てなければいけません。

1年とか2年の間に集中して副業にエネルギーを注ぎ込み、収入という成果をある程度出さないといけないのです。

逆にその決心がないまま中途半端にサボってやってみても間違いなく成果は出ませんし、一度サボってしまうと元に戻れなくなってしまうのでやめましょう。

家族がいる人ならなおさらですが、MRをサボって社内での立場が悪くなっていくと、ゆくゆくはリストラ対象社員になってしまうかもしれません。

将来的に路頭に迷うことになる可能性が上がりますので、副業に没頭できる自信がある方のみ覚悟してMRの時間を削りましょう。

会社にとっては副業をやるためだろうが映画やパチンコ行くためだろうが、MRがサボっていることに変わりはありませんからね(笑)。

そうなる前に副業を拡大させて収入の目途を立てなければなりませんので、それなりの覚悟を持ってサボった時間で副業に没頭しましょう。

ただ、会社に雇われず自分でお金を稼いでいる人は例外なくだれよりも我慢強く継続できる人たちです。

誰でもできるようなことを誰にもできないくらい継続できた人だけがサラリーマンでは稼げないような金額を個人で稼いでいるんです。

副業もMRと同じように誰でもできる仕事ばかりですが、継続できる人が非常に少ないのが現状です。

副業に没頭する覚悟とは難しいことに挑戦する覚悟ではなく、成果が出るまで継続する覚悟と言えると思います。

後編では、サボるべきところとサボるべきでないところをピックアップして紹介していきたいと思います。
よろしければ下記から後編をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました