MRの携帯電話

MRがインターネット料金を削減する方法とは!?

MRの携帯電話

気が付けばインターネットはとても普及しましたよね。

最近だとパソコンにスマートフォン、タブレット、さらにはテレビにもネット接続している人もいるのではないでしょうか。

インターネットの普及がこれだけ進むと、インターネットができない環境では生活できないですよね。

ただ、この当たり前のように使用しているインターネットに月額いくら支払っているか、皆さんご存知ですか?

自宅にネット環境を契約して、さらにモバイル端末にもデータ通信の契約をしていると2重に毎月お金を払っている人が大半ではないでしょうか。

その環境に疑問をお持ちの方、また疑問に思ったこともなかったという方にも、年間の固定費を大きく減らすことができる方法をお伝えします。

毎月のインターネット料金は高過ぎる!?

多くの方は、インターネットを使用するにあたって、インターネット回線事業者とプロバイダに契約をして月額の料金を支払っていますよね。

回線事業者ではNTTのフレッツ光やコミュファ光など、プロバイダではBIGLOBEや@niftyなどです。

これらの料金を合計すると、だいたい月額¥5,000~¥6,000くらい支払っているのではないでしょうか。

さらにスマートフォンにもデータ通信と通話料金を合わせて月額¥6,000~¥7,000くらい支払っていると、合計で月額¥10,000~¥13,000くらいになります。

インターネットとスマートフォンを同じキャリアで契約すると、家族など複数の端末を契約する場合は家族割などの割引を受けることができますが、自宅のネット回線とモバイル端末の料金を合わせるとだいたい1人あたり月¥10,000オーバーになってしまいます。

家族で2台、3台と契約していると毎月¥20,000、¥30,000とかかっているはずです。

これに、さらにタブレットなどを使おうとするともっと多くの料金がかかりますよね。

MRの皆さんは年収が高いため気になる人は少ないですが、他業種の人や友人と話をするとよく「インターネット使用料が高すぎてバカバカしい!」という話になります。

しかし、逆にMRだと多くの会社でiPadとiPhoneが会社から貸与され、不適切な使い方をしなければある程度ネット閲覧くらいは自由にできるため、よけいにバカバカしいと思うようになりました。

4年ほど前に私はこの高額のインターネット料金をなんとか抑えたいと思い、調べてみました。

独身や単身赴任のMR必見!ネット環境の改革!

光回線などの固定回線は速度も速く安定していますので、ネットを使用していてもストレスを感じることはほぼないと思います。

その反面、料金が高いのがネックなのですが、光回線にこだわらないのであれば月額料金をかなり下げる方法があります。

それは、「ポケットWi-Fiを自宅のメイン回線にする方法」です。

私は4年ほど前にNTTの固定電話もフレッツ光も解約しました。

またiPhoneのプランから、ソフトバンクのガラケープラン「ホワイトプラン」のSIMに切り替えました。

そしてSIMフリーのスマートフォンをヤフオクで購入し、ホワイトプランのSIMを挿して今でも使っています。

これでネット回線を全て解約しましたが、代わりにポケットWi-Fiを1つ契約し、全てのインターネットをこのポケットWi-Fiで接続しています。

ポケットWi-Fiは当時GMOとくとくBBで契約していました。

とくとくBBは業界最安値水準の料金でポケットWi-Fiを使用することができますので、初めての方はおススメです。

GMOとくとくBB WiMAX2+月額2,690円(税抜)~

とくとくBBが契約満期を迎えたので、現在は楽天グループのラクーポンWIMAXで契約をしています。

これによってネット代を大きく削減することができましたが、他にも便利になったことがいくつもあります。

まず1つ目は、転勤など引っ越しをする度にNTTなどの回線事業者に住所変更の連絡をして工事しなおしてもらう必要がなくなったことです。

ポケットWi-Fiを持っていくだけですからね。

引っ越した後でアカウント情報を変更するだけで済みます。

引っ越しが非常に身軽になりました。

2つ目は、パソコンを外に持ち出したいときにもポケットWi-Fiを一緒に持っていけばいつでもどこでもネット接続ができるようになったことです。

休日にカフェでゆっくりパソコンを使うことができます。

自宅の中だけでなく、全てのネット環境を自由に持ち歩くことができるのでおススメですよ。

さらに3つ目は、スマホの買い替えの自由度が高くなったことです。

普通、docomoやソフトバンクなどの大手携帯キャリアだと2年程度の分割支払いでスマホの本体代を支払っていますので、途中で飽きても2年間はスマホを買い替えることが難しいですよね。

しかし、SIMフリーのスマホなら、すぐに買い替えることが可能です。

スマホは新しければヤフオクなどでもかなり高値で売却することもできます。

逆に気に入っていれば長く使うこともできます。

大手キャリアにSIMロックされているのって、すごく不自由だったんだって気が付きますよ!

月額にどれくらいの差が出るの!?

これによってかかる携帯電話+ネット関連の月額をみてみましょう。

ソフトバンクSIM(ホワイトプラン) ¥934
ポケットWi-Fi 約¥3,000

約¥4,000で自宅とスマートフォンのネット回線+電話代をカバーできてしまいます。

自宅のフレッツ光+プロバイダと大手携帯電話キャリアで合わせて¥10,000以上の月額ネット代を払っている人と比べると、実に半額以下になります。

年間だと¥70,000~¥80,000のコスト削減に成功しました。

ボーナスを毎年¥80,000増やすのは難しい時代ですが、これは少しの手間をかければできてしまいます。

自宅の固定電話はなくなりましたが、そもそも今どき固定電話なんて必要ありません。

現に私は4年前から固定電話を持っていませんが、何一つ困ることはありません。

ホワイトプランはソフトバンクの昔のプランで今はありませんし通話料は別途かかるので、今から切り替えるなら楽天モバイルやDMMモバイルなどのかけ放題プランを付けた音声通話SIMを購入する方法をおススメします。

【DMMモバイル】業界最安値水準

特にポケットWi-Fiの電波が安定している都市部で働く独身の方や単身赴任の方は、この切り替えはメリットが大きくデメリットがほとんどないためおススメです。

高額な光回線を使い続けるのはもったいないだけです。

ポケットWi-FiひとつとSIMフリー携帯があれば十分ですよ。

家族で使う場合は、私もそうしていますがポケットWi-Fiを2つ契約しています。

これで家族の誰かが外出時にポケットWi-Fiを一つ持って行っても問題ありません。

私は妻と二人でスマートフォンとポケットWi-Fiを1台ずつ所持していますので、先ほどの料金×2で月額約¥8,000で2人のネット回線+電話代をカバーしています。

大手キャリアの契約更新時がチャンス!

docomoやauなどの大手キャリアは基本2年ごとの契約更新になっています。

契約解除料金のかからない更新月に思い切って携帯電話を解約し、ポケットWi-Fiと音声通話月の格安SIMに切り替えてみてはいかがですか?

今使っているスマホの分割支払いが終わっていれば、SIMロックを解除してSIMのみを切り替えることも可能です。

光回線をポケットWi-Fiに、スマホの大手キャリアを格安SIMに切り替えることで、ネット接続料金は月額にして¥10,000以上→¥4,000と半額以下になるだけでなく、自由度が飛躍的に高まります。

以上、個人のネット料金とスマホ料金を一度に削減することができて、自由度が高まるお得情報でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました