MRの転職エージェント

ニューキャリアで自分を見つめ直す!MR職以外の選択肢も増えるかも!?

こんにちは!現役MRのリョウタです。

20~30代に、今後のキャリアについて悩む人は多いのではないでしょうか。「このまま努力していれば10年後の自分は安泰だ」と思える要素がなく、年収が上がらなかったり希望通りの働き方ができなかったりするリスクを視野に入れている人もいるでしょう。

今回は、20~30代に特化したキャリアココーチングサービス「ニューキャリア」を紹介します。

私自身、「30代になってからでは遅い」と感じた経験があり、20代から転職に踏み切っています。また、35歳前後はその後10年のキャリアを決める転職活性期とも言われており、同年代の転職も増えています。

同じように悩む方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください!

[st-mybutton url=”http://www.rentracks.jp/adx/r.html?idx=0.18999.289984.5564.8995&dna=113709″ title=”ニューキャリアの詳細はこちら” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on” beacon=””]

ニューキャリアとは

ニューキャリアとは、株式会社UZUZが提供するキャリアコーチングサービスです。「今の自分」と「理想の自分」のギャップを明らかにし、そのギャップを埋めるための施策を一緒に考えてくれます。

「紹介のことを考えると、転職すべきなのか迷う」

「自己分析しても、結局何から始めればいいか分からない」

「エージェントを利用しているけど、客観的なアドバイスなのか不安」

という方が多く利用しています。私も転職エージェントを活用した経験がありますが、どうしても「転職すること」がゴールになってしまいやすいと感じています。エージェントは転職先企業からいただく成功報酬で運営しているためある程度仕方ないことではありますが、相性のいいエージェントでないと、不安の残る転職活動になってしまうでしょう。

ニューキャリアは、利益関係なく第三者の目線でアドバイスしてもらいたい人に向いています。会社・家族・友人に相談することに不安がある人にも、向いているでしょう。

ニューキャリアの特徴

まずは、ニューキャリアの特徴を紹介します。

転職エージェントとは何が違うのか、まずは概要を理解していきましょう。

求人を紹介しないキャリア支援サービスである

ニューキャリアはキャリアコーチングサービスであるため、具体的な求人紹介はおこないません。あくまでのキャリアの方向性を見つけ、どんな分野でどんな努力をするのが最適か、一緒に探していくためのサービスだと理解しておきましょう。

そのため、転職エージェントでよくある下記のようなサービスは含まれていないことに注意が必要です。

  • 求人紹介
  • 案件サーチ
  • 面接日調整
  • 面接同行
  • 退職交渉

一見するとサービスの幅が狭いように感じられますが、エージェント自身の営業成績を気にすることなく、シームレスなアドバイスをもらえることが魅力です。

私自身、相性の合わない転職エージェントを活用し、「無理に転職させようとしている」「イメージと違う企業ばかり紹介される」という経験をしています。エージェントとのミスマッチ自体を防ぎたい人は、ニューキャリアのようなキャリアコーチングサービスを活用することがおすすめです。

自立したキャリアの獲得をサポートする

ニューキャリアでは、自立したキャリアの獲得をサポートしてくれます。ここで言う「自立したキャリア」とは、定の会社や時代背景に左右されることなく、自分のスキル一本で勝負できるキャリアのことです。

例えば、今の会社で高く評価されている人であっても、他の会社で同じ待遇を受けられるとは限りません。「会社に見放されてしまったらどうしよう」という不安感が常につきまとうことになり、長いビジネスマン人生を乗り切るにはストレスが大きくなってしまいます。

反対に、どんな業種・職種でも活きるコミュニケーション能力やスケジュール管理能力がある場合、転職やキャリアチェンジも容易になるでしょう。私が営業からMRに転職できたのも、文化の異なる外資系に転職できたのも、根本となるスキルを評価してもらえたからだと思います。

自立したキャリアが獲得できていれば、自分のやりたいことをやったり景気の影響を受けずに働いたりできそうですね。

3つに細分化されたコースがある

ニューキャリアには、「分析/計画コース」「転職活動コース」「メンタリングコース」の3コースが存在します。

「分析/計画コース」では、今のキャリアに対する納得度をスコアリングし、自分の強み・弱み・価値観を分析します。キャリマネジメントのサイクルを経験し、自分だけの具体的なTODOに落とし込むところまでが目標です。

「転職活動コース」では、キャリアコーチが二人三脚で転職活動をサポートしてくれます。書類添削・求人選定・面接対策まで一気通貫型でサポートしてもらえるため、転職エージェントに近いようなサービスが受けられるでしょう。

「メンタリングコース」では、長期的な目線でキャリアプランの見直しを図ります。計画通りに進んでいるかチェックしながら軌道修正するコースであり、軸がブレやすい20~30代に最適だと言えるでしょう。

自分がどのコースに合っているかもカウンセリングしてもらえるため、気になる人は一度問い合わせてみましょう。

[st-mybutton url=”http://www.rentracks.jp/adx/r.html?idx=0.18999.289984.5564.8995&dna=113709″ title=”ニューキャリアの詳細はこちら” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on” beacon=””]

ニューキャリアのサポート内容

次に、ニューキャリアで実際に提供しているサポート内容を紹介します。

キャリアコーチングサービスに関する理解をより深めていくためにも、チェックしてみましょう。

スコアリング

現状のキャリアにどれくらい納得できているか、スコアリングをおこないます。評価項目ごとに1~5点でスコアリングし、よりスコアを向上させるための参考情報として使用します。

何を基準にキャリアへの満足感を得るかは、人により異なるでしょう。仕事内容が自分の希望と合っているかを重視する人もいれば、年収・役職・勤務地・ワークライフバランス・福利厚生を重視する人もいるため、自分なりの基準を自覚することが大切です。

自己分析(キャリア分析)

強み・弱み・性格・業務経験などを整理し、今の自分を具体化します。「理想の自分」もより強くイメージすることで、それに必要なキャリアも要素分解可能です。

私も、転職活動のときは自己分析を最重視しました。今の自分が何をやりたくて、外から見るとどんな人間に見えて、どんな働きで貢献できるのかイメージできれば、転職もしやすくなるでしょう。とはいえ、1から10までひとりでやりきることは困難なため、キャリアコーチングのようなプロにサポートしてもらうのがおすすめです。

しごと選びサポート

仕事選びの条件に沿って、求人媒体やエージェントから紹介された求人を精査します。選考を受ける求人だけをピックアップするフェーズであり、随時理想をアップデートしながら選ぶのがよいでしょう。

ニューキャリアからは具体的な求人紹介はされないため、求人媒体やエージェントと併用している人が多いです。サービスはひとつしか使ってはいけないという決まりはありませんので、賢く使い分けていくことがおすすめです。

面接対策

選考企業ごとに、面接対策を実施します。基本的なマナーやコミュニケーション能力を磨く面接対策と、企業ごとにカスタマイズした面接対策と、両方おこなってくれるため活用しましょう。

私が特におすすめしたいのは、企業ごとにカスタマイズした面接対策です。面接前には企業分析をおこない、過去の変遷や業界内での位置づけについて詳しく調べることが欠かせません。受ける企業が多くなればなるほど時間が必要なため、生活の多くが転職活動に割かれてしまうでしょう。

プロの力を借りて面接対策すれば、情報収集を手伝ってもらえる可能性が高いです。効果的な言い回しや業界に響くアピール方法をアドバイスしてもらえることも、大きな魅力です。

定期メンタリング

キャリアプランの進捗度を定期的にメンタリングしてもらい、方向修正してもらいます。結論が必ずしも転職になるとは限らず、現職続行したり副業を始めたりする人もいます。

メンタリングの頻度は、利用者ごとに個別で設定されることも強みです。不安が大きい人や、転職したてで目の前のことだけに必死にやりやすい人は、こまめにメンタリングしてもらうのがよいでしょう。

ニューキャリアのメリット

ここでは、ニューキャリアのメリットを紹介します。利用を検討している人は、併せて確認してみましょう。

サポート範囲に合わせてコース選択できる

ニューキャリアは3つのコースを用意しているため、サポート範囲や希望に合わせて選択できます。必要なサポートを必要なだけ受け、効率よく努力したい人に向いているでしょう。

私もさまざまな転職エージェントを活用し、時間を多く割くことが正義ではないと感じています。限られた時間のなかでどう自分の軸を見つけ、どう方向性を定めていくかが重要なので、自分に合ったボリュームでサポートしてもらうのが最も効率よく動けるでしょう。

どれくらいのボリュームがいいか分からない人でも、初回カウンセリング時に丁寧な案内をしてもらえるのがメリットです。まずは気軽に相談から始めてみましょう。

MR職に限定しないキャリアサポートが得られる

ニューキャリアは医療・製薬特化型の転職エージェントではありません。そのため、MR職に限定しないキャリアサポートが受けられます。例えば私のようなMR職が、「今後10年で年収を600万円上げたい」「MRの経験を活かして働ける製薬会社以外の選択肢を知りたい」というような相談をすることも可能です。

つまり、業種・職種の幅に捉われず、個人ベースでの相談に乗ってもらえるということです。MR職以外の道を探したい人も、今後MR職に就きたい人も、自分が今すべきか知れるでしょう。

キャリアコーチングだけでなく転職サポートもしてくれる

「転職活動コース」を選択すれば、転職サポートしてもらうことも可能です。キャリアコーチングサービス=転職サポートはない、と考えがちですが、ニューキャリアは幅広く対応していることが特徴だと言えるでしょう。

そのため、転職活動をしたいけれど何から始めればいいか分からない人に最適です。また、カウンセリングを受けた結果転職意志が固まった場合、後から転職活動コースに切り換えることもできます。転職活動を乗り切るパートナーを得られれば、ミスマッチのない仕事探しができそうですね。

[st-mybutton url=”http://www.rentracks.jp/adx/r.html?idx=0.18999.289984.5564.8995&dna=113709″ title=”ニューキャリアの詳細はこちら” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on” beacon=””]

ニューキャリアのデメリット

反対に、ニューキャリアのデメリットも解説します。利用を始めてから後悔することのないよう、あらかじめデメリットも知っておきましょう。

40代以降の利用には向いていない

ニューキャリアは、20~30代向けのキャリアコーチングサービスです。若手ならではの悩みやキャリアの考え方に精通しており、今後10年20年先を見据えたアドバイスをしてくれることが強みです。

そのため、40代以降の利用にはあまり向いていません。登録に当たって明確な年齢制限があるわけではないものの、イメージしていたようなサービスが受けられない可能性があるため注意しましょう。

私も、40代以降に再度転職する必要が出てきたら、ハイキャリア特化型の転職エージェントを活用しようかと思っています。40代以降が多いエージェントであれば、過去のキャリアを整理したりハイキャリア向けのカウンセリングをしたりできます。自分の属性に合ったサービスを選ぶことが、高い効果を得るための第一歩です。

特定の業界への転職はサポートしてくれない

ニューキャリアは、キャリアそのものを見つめ直すためのサポートをしています。そのため、特定の業界への転職だけをサポートしてくれる機能はないため、あらかじめ知っておきましょう。

例えば、「製薬会社に転職したい」「MR職にキャリアチェンジしたい」という場合、医療・製薬に強い転職エージェントを使った方がよいでしょう。私もいくつかの特化型エージェントを利用してきましたが、業界経験のある人でも驚くような情報網を持っていて、属性に合わせて適切なアドバイスをしてくれます。

一方、「このまま製薬会社に居続けていいか分からない」「MR職として大成する自信がない」など、今のキャリアに対する根本的な不安がある場合は、ニューキャリアの利用に向いています。不安の根源がどこにあるか特定し、今後の動きを決めていきましょう。

ニューキャリアの口コミ・評判

ここでは、ニューキャリアの口コミ・評判をいくつかピックアップします。

私以外の人から寄せられる生の声も、参考にしていきましょう。

ニューキャリアが、時代のニーズに合わせて生まれたサービスであると感じられるような口コミが多数ありました。運営元である株式会社UZUZは、もともと第二新卒・既卒・フリーターなど若手の転職を支援した実績が厚い会社です。そのため、20~30代の多くがキャリア不安を抱いていることを肌感覚として知っていたのでしょう。

転職エージェント以外の新たな選択肢として、今後成長していきそうなことが分かります。

まとめ

ニューキャリアは、の自分を理解し、理想の自分に近づくための計画づくりをサポートしてくれます。自分の強み・弱みを分析しながら、自立したキャリアの形成をしたい人には、最適なサービスだと言えるでしょう。

また、キャリアコーチングは転職エージェントなどと併用可能です。ニューキャリアで徹底的な自己分析をしながら、エージェントから個別に案件紹介してもらうこともできるため、上手く活用していきましょう!

[st-mybutton url=”http://www.rentracks.jp/adx/r.html?idx=0.18999.289984.5564.8995&dna=113709″ title=”ニューキャリアの詳細はこちら” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on” beacon=””]

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました