MRの転職タイミング

新型コロナで一躍有名になったあのバイオファーマがMRを募集!

MRの転職タイミング

こんにちは。

現役MRのリョウタです。

あの製薬メーカーがMRを募集しているようです。

少し前まではアッヴィが大々的に募集していましたが、それよりも募集人数はだいぶ少ないみたいです。

というか、若干名みたいです。

扱う製品がちょっとな・・・という気はしますが、興味がある人は飛びついたほうが良い案件ですね。

募集しているのはあのバイオファーマ

この案件はエージェントから「人数が若干名なので案内している人を絞っている。だから他のMRには言わないで」と言われました。

なので社名ははっきりと出せないのですが、新型コロナの薬で一躍脚光を浴びたあの米国系バイオファーマです。

もうわかってしまいましたよね。

今回の募集はイムノロジーの薬剤の担当らしいですが、競合がひしめく領域で今盛り上がっていますよね。

しかし、この会社の製品はその中で立場的には若干きついイメージです。

単独での販売ではなく、内資系大手とコプロのようですので実は楽なのかもしれませんけどね。

欠員補充の募集みたいですので、イムノロジー領域の経験者じゃないとそもそも受からない可能性はありますが、会社自体はしっかりしているので良いんじゃないかと思います。

給料自体はかなり高いという評判ですしね。

しかも、この会社はRSU(譲渡制限付き株式報酬)があります。

RSUというのは要するに給料の一部を自社株で受け取る制度のことなんですが、毎年自社株を受け取っているとけっこうな金額になるんです。

そして、この制度がある会社というのはなかなか少ないんです。

米国の製薬会社はどこも長期的には株価が大きく伸びているので、RSUがある会社である程度長く働いていると、普通の貯金では貯められないような金額を作ることができます。

私が今いる会社にもRSUがありますが、お金を貯めるのにはかなり破壊力がある制度です。

少し話が逸れましたが、免疫領域のMR経験があってRSUでお金を貯めたいという人はすぐに応募したほうがいいですね。

募集人数が少ないのでチャンスが有るのかどうかはわかりませんけど。

もしかしたら、今の時点でエージェントと連絡を取り合っている人に絞られているかもしれませんね。

そういうことがあるので、エージェントには転職の意思が今はなくてもとりあえずコンタクトを取っておくというのが大切なんです。

通常、欠員補充で数名のMRを採用したいメーカーは1社のみのエージェントに委託します。

何社にも依頼をかけて応募者が集まりすぎてしまったら、対応するのが大変になりますからね。

転職市場にMRが溢れている今はなおさらそうです。

それで、委託を受けたエージェントは、当然ですが今まで連絡を取り合っていてある程度内定を取れそうな人から順番に誘います。

だから、今回のような欠員補充による募集のチャンスを逃さないためには、転職エージェントにはコンタクトしておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました