MRの仕事

MRのモチベーション低下を回復させる5つの方法

MRの仕事

こんにちは。

現役MRのリョウタです。

最近、MRとして仕事のモチベーションが下がってしまって元に戻せないと言う話をよく聞きます。

たしかに、新型コロナで外勤をしたくても思うようにできないということもありますし、毎月のようにリストラを実施する同業他社の話を聞いたりすると、とても他人事とは思えないということもあるかと思います。

未知のウイルスの世界的流行といい、ここ数年のMR減少といい、MRという職業がここまでの逆風を受けたことはかつてありませんので、確立された根本的な解決策というのがないですしね。

ただ、短期的にならモチベーションを上げる方法もあると思います。

今回は私なりにどう対処すればよいかについてまとめましたので、何かきっかけを求めている方の参考に少しでもなれば幸いです。

MRのモチベーション低下回復法3つ

新型コロナで仕事のやり方がガッツリと変わってしまったことに対して、新しいやり方にモチベーションが上がる方もいますが、今まで長くやってきた経験が通用しなくなるという虚しさを感じる方もいるんではないでしょうか。

頑張りすぎて疲れたとか、辛い目にあってモチベーションが下がったとか、一時的なモチベーションの低下であれば数日から数週間で元に戻ることがほとんどですが、最近の製薬業界の変化が原因だったとしたら限界を感じるMRの方も珍しくないのかもしれません。

とはいえ、40歳以上のミドル世代以降は同業他社への転職はおろか、異業種への転職も簡単ではありませんし、できたとしても年収などの面でかなり妥協しないといけません。

すぐには会社を離れられない以上、どうにかして少しでもモチベーションを回復させて仕事に取り組みたいというのは少なからずあるはずです。

短期的にモチベーションを少しでも回復させる方法としては、以下の5つの方法が個人的には一番効果的でした。

思いっきりサボる

モチベーションが上がらなくなってしまったらとにかく一番最初に試してみるのがこの方法です。

数日間の有給休暇を取って旅行に行ったりすることで回復する人もいると思いますが、それとは種類が違います。

有給休暇を取ると休み明けが余計につらくなり、モチベーションは回復しませんでした。

有給休暇の取得ではなく、出社日に仕事をやらないというのがサボるということです。

その際、中途半端にサボってはいけません。

出社日にほぼ完全に仕事をしない状態を作ることが大切です。

まったく仕事をしない日を作ると普通の人なら罪悪感が出てきます。

その罪悪感でサボった分を取り戻そうという気になり、次の日からモチベーションを上げて仕事をすることができます。

これは私が1社目の製薬会社に入った頃に、当時一番仕事がデキる先輩MRに教えてもらった方法です。

仕事ができるMRの方はモチベーション低下時にこの方法を取っていることが多いように感じます。

だんだん効果が薄れてきてサボる期間が長くなってしまいますけど(笑)、そこには気を付ける必要があります。

欲しかったものを買う

これも短期的にはけっこう効果的な方法だと思います。

男性なら、クルマを買い替えるとか、新型のパソコンを買うとか、新しいスーツを買うとかですし、女性なら、贅沢な食事をするとか、ブランド物のカバンや財布、アクセサリーを買うとかですかね。

欲しいと思っていたものの中でできるだけ高額なものの方が効果が高い気がします。

欲しいものが手に入った満足感と、お金を使ってしまった罪悪感によって仕事のモチベーションも回復します。

ただしょっちゅうやるとただの浪費家になってしまう危険性があるので、ここぞというときにのみやるようにした方がいいですね。

長く会っていなかった知り合いに会う

仕事やプライベートの悩みやグチを聞いてくれる相手はすでにいると思いますが、長く会っていなかった知り合いに久ぶりに連絡をして会ってみるというのもけっこう仕事やる気出ます。

大学の時の先輩や後輩とか、転職前の会社の同期とかどんな関係の知り合いでも良いと思います。

久しぶりの知人と話をすることで新しいことを知ることができると刺激になりますし、知人が頑張っているのを知ることで自分もやる気になることができたりします。

しばらくの間早く寝る

オーソドックスな手段ですが、現代人は睡眠不足がモチベーション低下の原因になっていることも多いです。

睡眠不足は思考力や判断力が低下しますし、すべての日中の活動能力低下の元になります。

睡眠不足が続いて、いわゆる「睡眠負債」が蓄積された状態になると1日や2日では解消されなくなります。

うつ病の症状として不眠は代表的ですが、睡眠不足がうつ病のリスクを高めることが知られていますので、長期間睡眠負債を蓄積させている人はこれがモチベーション低下の直接的な原因になっている可能性もあります。

なので心当たりがある方は是非解消してみてほしいのですが、睡眠負債は1日や2日寝だめしたり、昼寝をするというのでは解消することができません。

睡眠負債は長期間かけて溜まっているため、解消させるためには増えすぎた借金を返済するようにある程度の期間をかけなければなりません。

毎日1時間程度早く寝るようにして、心身に変化が出るまで続けると良いそうです。

激しめの運動をする

普段からあまり運動をしていない方は、仕事のモチベーションが低下しているとなかなか運動をしようという気になれないですよね。

しかし、そこをなんとか奮起して1日20分~30分程度でも良いので割と激しめの運動をしてみるとストレス解消になってけっこう良いです。

息が上がる程度の運動をすると肉体的に疲れてよく眠れますし、お腹も空いて食欲が出ます。

血流が良くなって脳や身体がシャキッとするというか、何をやるにもモチベーションを保ちやすくなります。

また、あえて短時間で終わることで翌日もまた続けたくなります。

具体的な運動としては、2~3kmを早めに走るだけで良いです。

あまりランニングなどをしない方は、慣れてくるまでは500mでも良いと思います。

とにかく息が上がって翌日軽い筋肉痛が起こる程度の運動であればなんでも良いと思います。

ジムに通うのでも良いですがけっこう時間を取られてしまうので、そこまで時間をかけられないという方はこれで充分だと思います。

まとめ

試してみようかなと思うものはございましたでしょうか。

新型コロナやMRのリストラについては個人ではどうしようもない部分であり、根本的な解決策とはならないかもしれません。

ただ、自分自身の気持ちを前向きにさせるには良い方法だと思いますので、よろしければ試してみてください。

モチベーションを回復させることができたら、MRの仕事に固執せず違うことに少しずつチャレンジして、収入につながるスキルを身につけていきましょう。

それこそが根本的な解決策につながるはずです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました