MRの転職エージェント

有料キャリア相談「mentors」のメリットは?将来が不安な人必見!

こんにちは!現役MRのリョウタです。

キャリアに悩んで転職エージェントに相談したとき、転職ありきの話ばかりされてしまってミスマッチに感じた経験のある人は意外と多いのではないでしょうか。先が見えないモヤモヤやキャリアプラン立てそのものを支援するようなサービスはまだまだ少なく、悩んだときの相談先がない人もいるはずです。

今回は、有料キャリア相談サービス「mentors」を紹介します。

私も過去多数の転職エージェントを活用してきましたが、どんなにサポートが手厚くとも転職して数ヶ月経つころには担当者と疎遠になってしまうものです。有料キャリアコーチングであればさらに長期的な目線で伴走してもらえるため、気になる方はぜひチェックしてみてください!

mentorsとは

mentorsとは、Life Will Change株式会社が提供する有料キャリア相談サービスです。「あなたのキャリアに100%寄り添うプロのメンター集団」を有しており、中長期的なキャリアを一緒に考えるサービスとして生まれました。

「10年後に後悔しないキャリアを歩みたい」

「自分だけのメンターを雇って、専門的な立場からキャリアカウンセリングしてほしい」

というニーズにマッチしたサービスであり、要望に合わせて相談相手としてもキャリアアドバイザーとしても機能してくれます。

私自身、専任のキャリアアドバイザーがついてくれることで大きな安心を得た経験があります。自分の経歴や背景を理解して個別にカウンセリングしてくれる人がいれば、いざというときの相談相手として頼りになるでしょう。

スポーツ選手がトレーナーをつけるように、ビジネスマンがコーチをつける時代がきていることが分かります。

mentorsの特徴

まずは、mentorsの特徴を紹介します。

転職エージェントとは何が違うのか、まずは概要を理解していきましょう。

キャリアアドバイザー+転職エージェントの性質がある

mentorsは、キャリアアドバイザーとしての性質に加え、転職エージェントとしても機能します。キャリアプランの立案やカウンセリングはもちろん、相性がよさそうな企業を実際にピックアップすることもできるため、転職を視野に入れている人も相談しやすいでしょう。

内容を調べてみたところ、私が過去に利用した転職エージェントと変わらない機能があることが分かりました。例えば、企業分析・業界分析など基本的な項目から、ポジティブな口コミもネガティブな口コミも紹介してくれるため、生の情報に基づいて転職活動ができるでしょう。

転職エージェントや転職サイトを複数使い分けるのが苦手な人にも、向いているサービスだと分かります。

メールやLINEでも相談を受け付けている

メールやLINEでも相談を受け付けているため、スキマ時間を有効活用できます。通勤時間・就寝前・土日祝日や深夜であっても、気になったときにすぐ質問できることは大きな魅力だと言えるでしょう。

サービスによっては、平日の昼間しか質問を受け付けていないケースもあります。私も過去に利用したエージェントが昼間しか対応しておらず、質問の返答までに時間がかかってストレスに感じたことがありました。

こうしたミスマッチを防ぎたい人も、mentorsを利用する価値がありそうです。

ニーズや予算に合わせてプランを選択できる

mentorsでは、下記3つのプランを用意しています。

  • スタンダード会員(月額16,500円)
  • ライト会員(月額5,500円)
  • 非会員スポット利用(1回22,000円)

月1回定期的にカウンセリングを受けたい場合は、スタンダード会員になるとよいでしょう。必要なときだけ追加しながら利用したい人はライト会員を、ピンポイントで特定の悩みだけを相談したい人はスポット利用を選択するのがおすすめです。

一般的なキャリアコーチングサービスでは、プランが分かれていないことも多いです。自分が求めるボリューム感に合わせられることを考えると、mentorsのような制度は非常にメリットが大きいと分かります。

mentorsのサポート内容

次に、mentorsで実際に提供しているサポート内容を紹介します。

キャリアコーチングサービスに関する理解をより深めていくためにも、チェックしてみましょう。

キャリアカウンセリング

希望するボリュームに合わせてキャリアカウンセリングをおこない、疑問・悩み・不安などを吸い上げます。一見するとただの愚痴にしか聞こえないようなことにも、実はキャリアを考えるヒントが隠されているものです。自分の価値観を正確に知るために、カウンセリングを活用していきましょう。

私も複数回キャリアカウンセリングを受けたことがありますが、気持ちに共感してもらうだけでかなりスッキリするものです。思考のモヤを晴らして自分と向き合うためにも必要なサポートだと思いますので、非常におすすめです。

キャリアコーチング

ひとりでは気づけない新たな視点を授けるため、キャリアコーチングをおこないます。キャリアに対するモヤモヤの根源がどこにあるのか引き出すステップであり、自分が抱えている問題や本当の理想像を可視化します。

つまり、「ゴールが明確になった状態」にまで意識を引き上げることが可能です。自分が何を求めているのか分からない人は、コーチングのボリュームを増やしてもらいましょう。

キャリアティーチング

理想とするキャリアを掴むため、具体的にどんな行動を起こせばいいか指導します。例えば、年収1,000万円に到達するために今のキャリアをどう活用していくべきか、外資系MR職につくためにどんな媒体を使って転職活動をすべきかなど、個別の目標に合わせて提示してもらえます。

いわゆる「指導」としての側面が強く、自分にはないノウハウを授けてもらえます。転職経験がない人でも利用しやすい理由は、こうしたサポート内容にあると言えるでしょう。

キャリアコンサルティング

キャリアティーチングで明確になった行動プランを、適宜修正していくステップです。履歴書・職務経歴書の添削など転職エージェントでよくあるサポートから、話し方の癖・表情の作り方・人脈の築き方など、一般的にあまり指導されることのない項目にまで踏み込みます。

私自身、キャリアコンサルティングを受けて自分でも気づかない弱みに気づいた経験があります。また、上手くいかないことの原因を探れたこともあり、自分を客観視するスキルが身につきました。今後キャリアアドバイザーなしでも自走できるよう、サポートしてもらいながら少しずつトレーニングしてみることもおすすめです。

mentorsのメリット

ここでは、mentorsのメリットを紹介します。利用を検討している人は、併せて確認してみましょう。

転職ありきではないアドバイスをしてもらえる

mentorsでは、転職ありきではないアドバイスをおこないます。あくまでも自分が理想とするキャリアを言語化し、現状との乖離を明確にしたうえで差を埋めるための取り組みをおこないます。

そのため、希望と合わない会社を紹介されることもありません。案件を精査するのに必死になる必要もなく、時間効率よくサービスを利用しやすくなるでしょう。紹介を断るのが苦手な人でも、mentorsであれば利用しやすいというメリットも生じます。

中長期的なキャリアカルテを作成してもらえる

mentorsでは、サービス終了後も使える中長期的なキャリアカルテを作成してもらえます。私も複数のエージェントにキャリアコンサルティングをお願いしましたが、オリジナル資料として形にしてくれるサービスはあまりありませんでした。mentorsならではの強みとして、利用のメリットに当たるでしょう。

つい悩んでいるうちにゴールを見失いそうになったときは、キャリアカルテを定期的に見直してみるとよさそうですね。

mentorsネットワークを活用できる

mentorsでは、mentorsネットワークを構築しています。自分の希望に合った知見・経験を持つ人を紹介してもらったり、同じような悩みを抱えて今まさにカウンセリングを受けている同期とつながったりできるシステムです。

悩みをひとりで抱えていると深刻化しやすく、メンターを通ったとしても、1対1の閉ざされた空間になりがちです。こうした状況を打開するためにネットワークを活用し、情報交換していきましょう。私もMR職同士のコミュニティに属してよかったと感じることが多いため、非常におすすめです。

mentorsのデメリット

反対に、mentorsのデメリットも解説します。利用を始めてから後悔することのないよう、あらかじめデメリットも知っておきましょう。

体系的なカリキュラムがない

mentorsは完全マンツーマンのキャリアコーチングサービスであるため、体系的なカリキュラムがありません。万人に共通するマニュアル的なサポートを期待している人とは相性が悪く、キャリアサポートのノウハウを学ぶという面ではあまりおすすめしません。

しかし、それだけカウンセリング内容を個別にカスタマイズしてくれるということでもあります。自分の背景に即したアドバイスがほしい人は、mentorsに向いていると言えるでしょう。

メンターの数が少ない

mentorsは2020年に発足したばかりの新サービスであり、メンターの数は少なめです。少数精鋭で展開しているサービスだと理解したうえで、申し込む必要があるでしょう。

ただし、基本的にひとりにつくメンターはひとりだけです。メンターの数がどれだけ多くてもあ相性が合うとは限りませんし、反対にメンターの数が少なくても相性がいい人がひとりいれば十分です。まずはキャリア相談を体験し、相性の良し悪しを探っていくことをおすすめします。

mentorsの口コミ・評判

ここでは、mentorsの口コミ・評判をいくつかピックアップします。

私以外の人から寄せられる生の声も、参考にしていきましょう。

自分がやりたいと思える業務をしているものの、モヤモヤとした日々が続いていたので、自分のキャリアに客観的なフィードバッグを得られる機会を求めてmentorsを利用しました。

初回体験セッションでモヤモヤの原因を言語化、私はチャレンジしているほうが生き生きと過ごせるとメンターに見抜いてもらいました。

2回目以降は未来に向けての話をしています。

引用:mentors公式サイトより

mentorsに相談することで現状課題が明確になりました。特に自分が尊敬している人と自分がなりたい姿が同一ではないという部分に気づけたのは新しい発見でした。

目標を立てることが苦手という部分に対して、目標を立てること自体ではなく、次のアクション設定のハードルが高すぎることが要因であると質問をうけるなかで気づけたのはいい体験でした。

引用:mentors公式サイトより

現職退職後のキャリアプランに悩みmentorsに相談しました、転職エージェントと違い、自身の強みや長期目線でのキャリア相談ができました。

メンターと言葉にしながら自分自身を振り返ることで初めて気づく面が多くあり、おかげで転職活動でも軸をぶらさず進められました。転職後も悩んだときはキャリアカルテを見て振り返ります。

引用:mentors公式サイトより

2020年に設立したばかりの新しい会社が手掛けるサービスであり、SNSでの口コミは確認できませんでした。

公式サイトには実際にmentorsを利用した人の体験談が掲載されており、自分では気づかなった視点でサポートしてもらえたという感想が多かったです。

まとめ

mentorsは、転職エージェントとしての機能も持った有料キャリア相談サービスです。あくまでも自分が理想とするキャリアの実現に向けてサポートすることを主としており、無理な転職斡旋や求人紹介もありません。

そのため、自分だけのメンターを雇ってオリジナルのアドバイスをしてほしい人とは、特に相性のいいサービスです。まずはキャリア相談体験からはじめ、メンターとの相性も含めて判断してみましょう!

おススメしたい転職エージェント、キャリアコンサルタント

昨今、働き改革という言葉を中心にライフスタイルの多様化が良く言われますが、転職についても同様のことを考慮する必要があります。

転職先が自分の思っていた環境と違った、新しく始めた仕事が向いてなかった、ということになるとただでさえ職の流動性という意味では閉鎖的な国内市場ではかなり不利な状況になります。

そういう事態を防ぐためにも転職エージェントやキャリアコンサルタントと常にコンタクトをとることは重要です。私がいつもお世話になっている転職エージェントも含めて、おススメを紹介したいと思います。

ハイクラス・外資系転職に強い「JAC Recruitment」

日本に参入して30年、海外で起業して45年の実績を誇る「JAC Recruitment」

特にハイクラス・外資系案件に強いですが、他のエージェントと比較しても幅広い求人案件を取り扱っています。

定期的に自分に合った案件も紹介してくれるので、今すぐ転職を考えている人だけでなく、自分の市場価値を知りたいという人にもおススメです。

自分のやりたいこと、適性を見つける「ポジウィルキャリア」

自分のキャリアプランに悩んでいる方には転職エージェントに行く前にそもそも何をしたいのかを定める必要があります。

といっても自分の周りには限られた情報しかなく、1人で考えていても答えは出ない。そんな方におススメなのが「ポジウィルキャリア」です。

自己分析から今後のキャリアプランまでのコンサルを受けることができ、今後の自分のキャリアの指針にすることができます。

-MRの転職エージェント

© 2022 現役MRのブログ Powered by AFFINGER5