MRのアーリーリタイア

サラリーマンをリタイアするために絶対必要な第一歩

MRのアーリーリタイア

こんにちは。

現役MRのリョウタです。

先日の「MRの将来性に疑問を持った私が考えていること」の記事は7000字以上になったので前編と後編に分けて発信させて頂きました。

日本のサラリーマンは約6,000万人いますが、日本の30代のサラリーマンで年収1,000万円以上の人の割合は0.7%です。

40代、50代になるともう少し割合は増えますが、全世代でも5%しかいません。

幸運なことにそんなマイノリティに入ることができているにもかかわらず、それでもサラリーマン依存から抜け出しさらに肉体労働(自分が働かないと収入が入ってこない状態)をもやめられるようになりたいと思う理由について書きましたので、同じような考えを持っている方でまだ読んでいない方がいたら是非読んでみてください。

今回は、「サラリーマンって不自由だな」とか「理不尽なことやムダなことばかり言われた通りにやるのってつまらない。これあと30年以上続けるの?」と思ったことがあるけど特に何か行動するところまではいってないという方が、サラリーマン依存から抜け出したいと思ったらまず行動する第一歩についてお伝えしていきたいと思います。

質素倹約する

サラリーマンをこの先もずっとやっていたくない。

いつかは起業して自分で事業をしてみたい。

フリーランスとして自由に働けるようになりたい。

そんなふうに思っているMRの方はいるでしょうか。

私のようにサラリーマン依存の状態から抜け出したいと思う以外にも、定年まで製薬会社でサラリーマンをやりたくないなあと思っている人なら、何をやるにしてもまずやるべきなのは節約です。

何においても多少の先行投資は必要になりますし、金銭感覚がザルの人はサラリーマンにどっぷり依存していますので抜け出すことは難しいです。

まずは質素倹約して支出を減らせるだけ減らすということが非常に大事です。

そして、自分(家族含む)が生活するのにどのくらいのお金が必要なのか把握することも重要になります。

でも、そうは言ってもどこから支出を減らしたら良いかわからない人もいるかと思います。

そういう人はまず支出金額の大きなもの、毎月支出しているものから0にできないか、ムリなら減らせないかを考えます。

たとえば、代表的な項目はこちらです。

スマホ代

今の生活では必需品ですが、大手キャリア(docomo/softbank/au)で高額プラン契約をしている人は安いプランに変更したりMVNOの格安SIMに切り替えます。

MRの方ならたいてい会社貸与のスマホやiPadで事足りることが多いですし、家ではWi-Fiに繋がっている人も多いので月3ギガもあれば十分なケースが多いです。

格安SIMは私も使っていますが通信スピードにはほぼ問題ないですし、妻と二人で月10,000円くらい安くなりました。

保険代

そんなにかけなくても良いんじゃないかというくらい保険をかけている人がいてびっくりします。

私は既婚で子供もいますが、生命保険は全労災で月2,000円くらいです。

一応妻にもかけてあるので、2人で3,900円くらいでしかも年末に5,000円くらい戻ってきます。

万が一の時の考え方が人によると思いますが、私はいろんな支払い条件がある保険があまり好きではありませんので保険は極力抑えて最低限しかかけません。

また、自動車保険も各社で値段がかなり変わりますので毎年けっこう調べます。

見積り取ると平気で1~2万は変わりますので毎年調べた方がいいです。

このくらいのことがめんどくさいと思う人は重度のサラリーマン依存症ですので、そのままMRをやっていた方がいいと思います。

クルマ代

「クルマが唯一の趣味」という人はある程度良いと思います。

人生で楽しいことまで大きく削るのも精神的に良くないと思います。

それ以外の方は営業車の私用でなんとかならないか、ムリなら中古車や軽自動車に乗り換えられないか考えるべきです。

MRの人はみんな良いクルマに乗っていますが、日本の自動車は非常に高性能ですのでわざわざ高い関税払って外国車を買うのは欧米のブランディング戦略に洗脳されているだけだと思います。

会社の飲み会を減らす

お酒は好きな方は楽しみもあると思いますので多少は良いと思いますが、「月いくらまで」という感じで金額で制限した方が良いと思います。

会社で月に何度も飲み会があるという方は、そのうちの何回かに行かないようにすれば良いと思います。

社内の人間関係でなかなか難しいことはよく知っています。

それでも、減らせるだけ減らすべきです。

理由は、飲み会は使うお金と時間が莫大になるからです。

月に何回も同じメンバーと飲み会するというのは、時間とお金が有益に使えている状態ではまずないですよね。

私は下戸ですので社内の飲み会はほとんど断っていますが、そういうキャラといことで定着しています。

誰かの送別会とか歓迎会など必要な会には必ず参加しますが、社員数の少ない会社にいますのであまり多くありません。

年間の酒代は10,000円もいかないと思います。

タバコを減らす

理由は書かなくてもわかっている方が多いと思いますが、タバコを吸うことで得られるメリットはありません。

健康に対するデメリットももちろんありますし、金銭的・時間的なデメリットも大きいです。

あえて書きますが、1日あたり1箱のタバコを吸う方が使っている時間とお金を計算してみます。

タバコ1箱が¥400として1ヶ月で、

¥400 × 30日 = ¥12,000

1年だと、

¥12,000 × 12ヶ月 = ¥144,000

10年だと、

¥144,000 × 10年 = ¥1440,000

毎年iPhone買い換えられますね。

次は時間です。

1本5分として1日で

5分 × 20本 = 100分

1ヶ月で

100分 × 30日 = 50時間

1年で

50時間 × 12ヶ月 = 25日

なんと、1年のうちの1ヶ月近くはタバコ吸ってる時間なんですね。

これじゃあなんかやろうと思ってもできません。

支出を抑えて時間を確保する

サラリーマンをいつかは辞めてキャリアチェンジしたいと思う方は、このように少しずつサラリーマンだからやっているムダを減らしていくことをおすすめします。

自分で起業したら利益が出る前から経費をジャブジャブと使うことはできませんし、サラリーマンだから毎週飲み会に何千円も支出しているのです。

そういうことを一つずつ削っていくとお金も貯まりますし、自分だけの時間を確保することができます。

確保した時間でMRの仕事をいかに効率よくこなすかを考える時間ができ、それができるとさらに自分の時間が増えます。

自分は支出をどのくらいまで抑えることができるのかを知るということと、自分だけが使える時間を確保することができたら、サラリーマン以外の収入を得るためにどんなことをやっていくかを考えて実行していくようにすれば良いと思います。

まとめ

私もまだサラリーマン依存から抜け出せているわけではありませんのでエラそうなことは言えないですが、今回書いた内容は私が実際にやってきたことそのままです。

スマホは大手キャリアからBIGLOBE Mobileに変更し、保険や全労災のみにしてクルマは2台売却して安い中古車1台に替えました。

お酒は飲めないので昔から酒代は多くありませんでしたが、さらに社内で飲み会に参加しないキャラを確立するようにしています。

今までに4度転職していますが、後半の3社ではその都度飲み会に参加しないキャラ確立に成功していますので、その気があればみなさんにも可能だと思います。

内資系で粘着質な人間関係が求められる会社では厳しいかもしれませんが。

まずは第一歩を実行に移すことが重要と思いますので、どれか一つからでも着手してみて頂ければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました