MRのリストラ

転職未経験のMRはヤバいのか?について語ってみる

こんにちは。

現役MRのリョウタです。

ここ数年でチラホラ言われるようになったこととして、「転職を経験していないMRはリストラ対象になりやすい」みたいなことがあると思います。

これって本当なんでしょうか?

私は3回のMR転職をしてきましたが、その立場からこの件について考えてみたので共有したいと思います。

転職未経験MRはリストラ対象になりやすいのか

会社が希望退職を実施するときには、ただ早期退職してくれる社員を募集しているだけではないですよね。

たいていの場合、1年くらいかけて「退職して欲しい社員」と「残ってほしい社員」を分けてリスト化しているはずです。

私も若い頃、早期退職に応募したけど承認されなかったという経験があり、すでに実体験済みです。

https://futuremrjob.com/experience

これは外資系でも内資系でもやってるっていう話ですね。

しかし、「退職してほしい社員」のリストには転職未経験者の方が載りやすいのかどうかというのがポイントになってくるかと思います。

結論から言うと、転職経験の有無がリストラ対象になりやすいかどうかというのは、直接的には関係がないと思います。

ただ、転職経験者の方が「退職してほしい社員」のリストに載る確率が低いのだとすると、そもそも転職してきてからあまり年月が経っていないから対象から除外される社員が必ず一定数存在する、ということが影響しているんじゃないかと思います。

新卒入社メインの大手だと、転職経験者の方が数が少ないのは普通ですしね。

そうだとしても、転職未経験者がリストラ対象になりやすいと言われる理由としては、やっぱり転職を経験している人の方が”アグレッシブさ”においてプラスの印象を得られやすいということがあるんじゃないかと思います。

リストラの対象年齢は多くが40歳以上とかになりますが、新卒から入社していて20年近くいると、その人に対する周囲の評価というのも固まってしまいます。

積極的なイメージって会社員ではけっこう重要だと思うんですが、それがないっていう評価をされてしまうとなかなかイメージから抜け出せないですからね。

転職しているMRは、周囲からの評価が固まってしまう前に転職してしまっているというだけで、リストラ対象者から外れやすくなるということもおおいにあるんじゃないかと思います。

転職で得られるもの

転職するメリットとして、前職の会社と転職後の会社をいろいろと比較できるということがあります。

どこの会社でもやらない方が良いこととか、転職後の会社では誰もやってないけど前職ではみんなやってたこととか、いろんなことが経験値として活かせます。

たとえば、講演会の企画をする時に大手では大勢の人手をかけてやりますが、MR数の少ない会社では50人規模くらいなら当たり前のように3人とか4人でやります。

今まで当たり前のようにやっていたことでも、転職後の会社ではすごく斬新だと感じてもらえて評価されるなんてこともありますからね。

そんなことがあるので、前職の経験を柔軟に活用できる人は転職後の会社でリストラ対象には入りにくくなるということなんじゃないかと思います。

柔軟な人は転職後の会社の社風に素早く溶け込むことができますが、そうでない人は「前の会社ではこんな制度があったのに。」とか「前の会社ではこんなことができたのに。」という話をしょっちゅうしています。

そういう人は前職の経験を活用することができませんし、文句を言ってばかりで周囲からの印象を悪くしてしまいますので、転職していてもリストラ対象になりやすいでしょうね。

3回転職して思いましたが、「前の会社の方が良かった話」は転職者が一番やっちゃいけないことの一つじゃないかと思うんですよね。

転職経験者の私でも聞いていてウンザリすることがありますし、管理職の人だとなおさらそう思われてしまうと思います。

たしかに自分もそう思うことはありますけどね。

大手から転職すると、さらに大手に転職しない限り何かしら不足していることやアバウトなことというのはあると思います。

外資系ベンチャーの日本法人なんて、何もかもが整備されていませんから、そんなこと言い出したらキリがないですよね。

まとめ

転職未経験者はリストラ対象になりやすいかどうかについては、普通に仕事をしてそれなりに成果を出して、それなりに昇格もしているMRであれば気にする話ではないと思います。

しかし、長く在籍している分、周りからの評価が固まってしまっていますので、少し微妙な評価で固まってしまっている人はたしかに「退職してほしい社員」にリスト化されてしまう可能性は高くなります。

そういう状況になってしまっていても、転職することで周囲からのイメージをリセットできますし、あまり良くない印象で固められるリスクを回避することができます。

それが、転職することでリストラ対象にリスト化されにくくなる理由の一つだと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おススメしたい転職エージェント、キャリアコンサルタント

昨今、働き改革という言葉を中心にライフスタイルの多様化が良く言われますが、転職についても同様のことを考慮する必要があります。

転職先が自分の思っていた環境と違った、新しく始めた仕事が向いてなかった、ということになるとただでさえ職の流動性という意味では閉鎖的な国内市場ではかなり不利な状況になります。

そういう事態を防ぐためにも転職エージェントやキャリアコンサルタントと常にコンタクトをとることは重要です。私がいつもお世話になっている転職エージェントも含めて、おススメを紹介したいと思います。

ハイクラス・外資系転職に強い「JAC Recruitment」

日本に参入して30年、海外で起業して45年の実績を誇る「JAC Recruitment」

特にハイクラス・外資系案件に強いですが、他のエージェントと比較しても幅広い求人案件を取り扱っています。

定期的に自分に合った案件も紹介してくれるので、今すぐ転職を考えている人だけでなく、自分の市場価値を知りたいという人にもおススメです。

自分のやりたいこと、適性を見つける「ポジウィルキャリア」

自分のキャリアプランに悩んでいる方には転職エージェントに行く前にそもそも何をしたいのかを定める必要があります。

といっても自分の周りには限られた情報しかなく、1人で考えていても答えは出ない。そんな方におススメなのが「ポジウィルキャリア」です。

自己分析から今後のキャリアプランまでのコンサルを受けることができ、今後の自分のキャリアの指針にすることができます。

-MRのリストラ

© 2021 現役MRのブログ Powered by AFFINGER5