MRのアーリーリタイア

東日本大震災から10年が経過してイチ現役MRが思うこと

MRのアーリーリタイア

こんにちは。

現役MRのリョウタです。

今日で東日本大震災からちょうど10年が経過しましたね。

未だに当日の記憶が鮮明に残っています。

もう10年も経ったのかと思うくらい、時が経つのは早いです。

しかし、10年前のあの教訓を私達が忘れないようにするためにも、毎年3月11日にはあの日のことを思い出していきたいと思います。

大震災を経験して思ったこと

10年前の震災当日、私は所属していた会社の会議中だったと思います。

当時は震源地からかなり遠い地方にいたのですが、かなり長時間横に揺れました。

本部長がプレゼンをしていたので、会議場が相当揺れているにもかかわらず誰も外に避難しようとせず、天井の蛍光灯が落ちそうになってようやく本部長が気づいて避難することができました。

もしも震源が近くだったら、あの遅れは致命的だったかもしれないと思うとちょっと怖いですね。

今後は社長が話しをしていようが、地震に気づいたらすぐに対処しなければならないことを学びました。

また、私は中学生のときに阪神大震災の揺れも経験しましたが、あのときはかなりの縦揺れで、地震が起きた瞬間恐怖を感じました。

東日本大震災の横揺れは、発生直後は揺れているのかいないのかわかりにくい感じでしたから、だいぶ感覚が違ったのを覚えています。

その後の被害はご存知のとおりです。

私は当時、直接的に被害がなかった地域に住んでいたのですが、感じたことのない感情を持ったことが記憶に残っています。

毎日東北の被害が明らかになっていく中で、被害がなかった地域に住んでいたからといって平然といつものように仕事をしていても良いのか?という感情でした。

全国的に経済がストップするというのはまずいので、通常どおり仕事をしなければならないというのは頭では理解していたつもりでしたが、身体が動かなかったです。

1週間くらいは抜け殻のようになっていたんじゃないかと思います。

自分の無力感というか、なんというか・・・。

言葉では言い表せない感覚でしたが、多くの人がそういう感覚を感じていたんだと思います。

本当に辛い出来事でしたね・・・。

東日本大震災を経験して思うことは、やりたいことを後回しにしないようにしないといけないなということですね。

20代や30代前半くらいまでは、普通は自分の人生がどこまであるかなんて、あまり深く考えることは少ないんじゃないかと思います。

でも、大震災を経験すると急激に人生は有限なんだということを感じます。

大きな怪我や病気もなく、80歳や90歳まで生きることができるということはあたりまえのように思うかもしれませんが、それってかなりすごいことなんだと。

であれば、毎日後悔しないように、やりたいことを最優先にして人生を送らないともったいないですよね。

やりたくないことを嫌々やっているということほど、せっかくの人生を無駄遣いしていることはないんです。

MRという仕事が楽しくてやりがいを感じるのであれば、もっともっと一生懸命やるべきですし、楽しくないのであれば違う人生を送るためにもっと急がないと。

私自身は、MRという仕事に完全に限界を感じていますので、というかサラリーマンの世界に限界を感じていますので、FIREを目指しています。

しかし、MRは待遇も悪くないため、つい急ぐ手を緩めてしまうときがあります。

3月11日が来る度に、自分のやりたいことに真っ直ぐになることを心に誓うのですが、10年経った今でもFIREが達成されていないことを反省しなければいけないと思っています。

東日本大震災で亡くなられた方に哀悼の意を示すとともに、人生は楽しむためにあるということを再認識するのが3月11日になっています。

まとめ

今後30年以内に南海トラフの巨大地震が起こる可能性も、これまでの70%から最近80%に引き上げられましたね。

北海道沖や三陸沖で大きな地震が起こる確率も高いとされています。

地震は突然起こりますので、毎日毎日心配しているわけにもいきませんが、日本に住んでいる以上は大地震が起きたらどうするかということをシミュレーションしておく必要があります。

巨大地震への備えについて、また人生をどう楽しむかについて考える日、それが3月11日です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました