MRの仕事

地方勤務のMRが都心勤務のMRよりも有利なこととは?

こんにちは。

現役MRのリョウタです。

私は1社目の製薬会社に入社して以来、4社目の今の会社までずっと地方で勤務しています。

MRにとっても東京都心部の人気は不動ではありますが、最近は働き方改革などの影響もあって地方で働きたい人も増えている感じですね。

今回は地方MRが都心MRよりも明らかに有利な点について共有していきたいと思います。

地方MRが絶対的に有利なこととは?

私はずっと地方でMRをやっています。

4社の外資系製薬会社を転々としてきましたが、一時期を除いて営業所にも通勤できない地方都市で勤務しています。

長年地方でMRをやってきて感じたことですが、お金と生活水準に関しては地方が圧倒的に有利です。

都心部にずっと住んでいる方はピンとこない方もいるかもしれませんが、MRの給与水準だと地方であればあるほど大きな余裕が生まれます。

東京のど真ん中もド田舎の山中も給料に差はありませんから、地方の方がほんとにお金が残ります。

まずMRは借上げ社宅や家賃手当が恵まれていますので、地方のなかでも便利な立地に住むことが可能です。

それでも地方だと私有車の駐車場もほぼゼロ円ですし、戸建てを購入したいなら新築で一千万円台で購入できます。

オシャレで高級な飲食店や洋服店に行きたくても周りにはありませんからお金を使うところがありません。

子供がいても、イケてる習い事がありません。

遊びに行くところも食べに行くところもすべてがコスパが良くてで最高です。

地方の場所にもよりますが、東京中心部と私がいる地方都市では普通に生活した場合、年間でざっくり100万円以上はコストが変わります。

10年間で1000万円、20年で2000万円ですから、都心に住むコストもかなりのものですね。

給料や待遇が良くてコストが安いところに住めるのもMRの大きなメリットの1つだというのは、地方に住むMRが肌で感じていることではないでしょうか。

都心にはオシャレなものや最先端のものがあるのでそれはたしかに憧れますが、こだわらないなら地方の方が生活水準が上がりますよ。

出世に興味がないMRは率先して地方に住むべし

たしかに、MRとして出世競争に勝ちたいとか、本社勤務を目指しているのなら地方よりも都心、都心よりも本社付近の方が圧倒的に有利であることは間違いないです。

だから、人生のプライオリティが会社での出世や本社のエリートというところにある方にとっては地方勤務の方が良いことなんて1つもないと思います。

ただ、私は20代の早々に会社で出世することのコスパの悪さに愕然としましたので、その道を進むのを止めてしまいました。

製薬会社のようにある程度入社するのにハードルがある業界は特にそうだと思うのですが、入社すると全員が出世を目指さなければいけない雰囲気があります。

だからMRに転職したときはなんとなくその雰囲気にのまれてしまっていました。

しかし私は途中から「出世するって仕事とプライベートのバランスが悪くなるし、給料が上がるよりも仕事時間が増えるし、プレッシャーが増えて身体に悪いし、トータルでマイナスなんじゃないか?」と考えるようになり、社内営業などの不要な仕事の時間を極力なくしていきました。

当時はまだ「24時間戦えない奴は悪だ!」という考えの上司がゴロゴロいましたから、自分の考えを貫くのは大変でした。

今は働き方改革と言われるようになった影響からか、日本でも昔よりそのあたりの価値観が多様化された感が出てきましたし、30代以下の若い方は比較的私と同じような価値観を持っている方が増えてきているように感じます。

リモートワークも徐々に可能になってきている時代ですが、それでも地方で暮らしたくても東京で通勤しなくてはいけない業種のサラリーマンはたくさんいると思います。

そんな中でもMRは自分が望めば地方に異動することも比較的容易だと思いますので、私のように出世に興味をなくして地方で仕事の緊張感を緩め、時間とお金をもっとコントロールしたいという方は是非地方への異動を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

地方に配属されていても出世を目指している方にはあまり意味のない話かと思います。

しかし、時間とお金を自分の思うようにコントロールしたい方にとっては、MRは非常に適した職業だという話でした。

NPBのプロ野球選手が台湾のプロ野球にいくような感じで、同じ実力なら場所を変えた方が勝ちやすいという感じです(ちょっと違うかもしれませんが・・・)。

最近は若手のMRの人と話すとけっこうセミリタイア願望を持っている人が多いですが、そういう方は地方の方が絶対に都心ではなく地方です。

MRで働いた給料を元手にして、株式などの金融資産や不動産などの現物資産などに投資をしたり、スモールビジネスなどの資金にしたりするのがセミリタイアへの基本的な道になりますが、地方の方がお金も時間も絶対に残りますから。

都心で消耗している方は転職を考えるのも良いですが、今はMRの転職は募集が少なすぎて簡単ではありませんので、まずは社内異動の希望を出してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おススメしたい転職エージェント、キャリアコンサルタント

昨今、働き改革という言葉を中心にライフスタイルの多様化が良く言われますが、転職についても同様のことを考慮する必要があります。

転職先が自分の思っていた環境と違った、新しく始めた仕事が向いてなかった、ということになるとただでさえ職の流動性という意味では閉鎖的な国内市場ではかなり不利な状況になります。

そういう事態を防ぐためにも転職エージェントやキャリアコンサルタントと常にコンタクトをとることは重要です。私がいつもお世話になっている転職エージェントも含めて、おススメを紹介したいと思います。

ハイクラス・外資系転職に強い「JAC Recruitment」

日本に参入して30年、海外で起業して45年の実績を誇る「JAC Recruitment」

特にハイクラス・外資系案件に強いですが、他のエージェントと比較しても幅広い求人案件を取り扱っています。

定期的に自分に合った案件も紹介してくれるので、今すぐ転職を考えている人だけでなく、自分の市場価値を知りたいという人にもおススメです。

自分のやりたいこと、適性を見つける「ポジウィルキャリア」

自分のキャリアプランに悩んでいる方には転職エージェントに行く前にそもそも何をしたいのかを定める必要があります。

といっても自分の周りには限られた情報しかなく、1人で考えていても答えは出ない。そんな方におススメなのが「ポジウィルキャリア」です。

自己分析から今後のキャリアプランまでのコンサルを受けることができ、今後の自分のキャリアの指針にすることができます。

-MRの仕事
-

© 2021 現役MRのブログ Powered by AFFINGER5