実体験に基づく、30代、40代MRの転職に置いて注意すべき点とは?

この度は「現役MRのブログ」にお越しいただきありがとうございます。管理人の「リョウタ」です。

さて、この記事では30代、40代のMRさんの転職について注意すべき点について紹介します。私自身、30代前半と30代後半、及び40代突入直後にそれぞれ2, 3, 4回目の転職をしています。その時に注意した点や転職活動の進め方を説明いたしますので、是非ご参照ください。

30代前半のMR転職

30代前半の転職は外資系ベンチャーから大手への転職だったのですが、テーマは「チャレンジ」でした。

少しでも条件のいいところを、ということで行き着いたのが3番目の会社でしたが、この転職で給料が大きく伸びたのを覚えています。

30代前半はまだぎりぎり第二新卒くらいに見られますので、新しいことにチャレンジできます。また、多くの人が結婚し、子供を授かるなど、人生の大きな転機を迎え、それと同時に金銭的なものを強く意識する年代ではないでしょうか?

30代後半のMR転職

30代後半の転職は逆に外資大手からベンチャーへの転職でした。この時のテーマは「適性・嗜好」だったと記憶しています。

大手企業というのは戦略が完全に決められている中で動くしかなかったのに対して、ベンチャー企業の場合は比較的自由に動ける、自由に動ける方が自分の性にあっているということでした。(これは製薬1社目と2社を比較してそう思いました)

とはいえ、転職の時、給与面については前の会社が参照されることが多いため、賃金体系が良い外資大手に近い賃金を3社目のベンチャーでも手にすることに成功しました。

このようにして、3社経由することによって、自分に合った企業で高賃金を手にすることに成功したのです。

40代のMR転職

ずばり「やりがい」です。4社目は希少疾患を取り扱う外資系ベンチャー企業だったのですが、身近な人でその病気を患った人がいたので、その人のために頑張ろう!ということで奮起しました。

こうやって、私は一番最初の旅行代理店営業から数えて、4回、30代で2回、40代で1回転職していますが、それぞれ狙いがあった転職だったので、思惑通りの条件や待遇を勝ち取ることに成功しています。

勿論、皆さんの価値観は私のそれとは違うと思いますが、30代、40代で重視することは割と近いことが多いとも聞きますので、是非ご参照いただけると何よりです。

 

MR転職におススメのエージェント3選

MRの転職市場は割と特殊で、製薬企業やヘルスケア業界に強いエージェントがほぼ全ての案件を担当しているといっても過言ではありません。

実際に当たってみて、大した案件が紹介されなかったということが無いように最初からMR転職に強いエージェントを選定しておくと効率的かと思います。

今回は私が転職の時にお世話になったエージェントを3つ紹介したいと思います。MRからMRへの転職だけでなく、他業種からMR、更には未経験者におススメしたい他業種からCSOも職種としては似ていますので、以下のエージェントが特に強いです。

 

是非ご参照ください。

JAC Recruitment

私が異業種営業から外資系MRに転職した時にお世話になっていたエージェントさんです。歴史が古く、各社人事担当者との結びつきが強いのも特徴です。

ハイクラス案件、その中でもヘルスケア業界に強く、CSOやMRを含めた製薬企業案件に関しても大手のエージェント(リクナビやパソナなど)よりも質・量ともに優れた案件を紹介してくれます。

一度登録しておくと、定期的に連絡もくれたり、案件を紹介してくれたりするので、中長期的なスパンで考えている人にもおススメです。

JAC Recruitment公式サイト

こちらの体験談もどうぞ

JAC Recruitmentのオンライン面談体験談

 

ランスタッド

ランスタッド 転職支援

1960年にオランダで設立された世界最大級の転職エージェントであるランスタッドはハイクラスの転職案件を多く取り扱っています。

ランスタッドもJAC Recruitmentと同じくヘルスケア部門に強く、CSOや国内の多くの製薬企業とのパイプを利用した案件を紹介してくれます。

海外経験豊富なコンサルタントもそろっており、外資系案件にも強いのが特徴です。

ランスタッドの公式サイトはこちら

こちらの記事もどうぞ!

MRだからこそ使うべき!転職エージェントのランスタッドってどんな会社?

 

 

エンワールド

外資系・グローバル転職【エンワールド】

とにかく外資系への転職に強いのはCMでもお馴染みのエンワールドになります。

製薬企業における転職案件でもとりわけ外資系案件に強く、他のエージェントでは見られない好条件案件が出てくるケースも多いです。国内のMR市場において、外資系企業の存在感は増しており、自分の実力を試してみたい!という人に特におススメとなります。

キャリアコンサルティングをしっかりとしてくれることでも定評があり、私自身、初回の転職活動をしている時は大変参考になりましたので、MR未経験の方にもおススメできます。自分の進むべき道を考えたうえでの転職活動を行うことができますので、登録しておくと良いかと思います。

 

エンワールドの公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

 

実体験に基づく、30代、40代MRの転職に置いて注意すべき点とは?

30代から40代のMRが40歳定年を意識しなければならない理由

2020/9/8    

こんにちは。 現役MRのリョウタです。 社会人になった直後からずっと感じていたことがあります。 それは、「65歳定年って、長すぎない?」ということです。 内資系企業では60歳定年の会社もまだ多いかもし ...

実体験に基づく、30代、40代MRの転職に置いて注意すべき点とは?

40代でGP担当MRなら将来についてすぐ考えるべきという話

2020/3/10    ,

こんにちは。 現役MRのリョウタです。 昨日の記事で、GPのMRは将来のリストラ候補筆頭 という記事を書きましたが、その中でも 年齢が40代以降でプライマリーのGP担当MRは超ハイリスク群です。 GP ...

実体験に基づく、30代、40代MRの転職に置いて注意すべき点とは?

40歳以上かつプライマリーMRは廃棄物だと思われているという話

2020/3/13    ,

こんにちは。 現役MRのリョウタです。 ここ数年は毎年のように、各社でMRの人員削減が 行われています。 そんな記事を見ると、多くのMRの方は漠然と 「将来が不安だな~」と感じたりしますよね。 今回は ...

実体験に基づく、30代、40代MRの転職に置いて注意すべき点とは?

MRは今後、定年まで勤められるか?

2020/9/5    ,

MRはなぜ転職が必要なのかや内資中堅製薬会社のMRは危ない!?でも取り上げていますが、シェア・オブ・ボイス型のプライマリー製品を担当するMRのニーズがなくなり、各社のMR数は今後もどんどん少なくなって ...

実体験に基づく、30代、40代MRの転職に置いて注意すべき点とは?

40代の男性MRは結婚の需要が高い!?

2017/9/30    , ,

日本でも徐々に価値観の多様性が認知されるようになってきていますが、40代で独身のMRのなかにも「結婚したい」と思っている方はいると思います。 なかなか出会いはないから・・・と諦めている方、ちょっと待っ ...

実体験に基づく、30代、40代MRの転職に置いて注意すべき点とは?

40代の非管理職MRは転職すべき?

2021/6/20    ,

ひと昔前までは、サラリーマンで40代といえばベテランとして最も働き盛りと言われていました。 今でも内資系の会社でありますが、部長・次長・課長・課長補佐など管理職ポストもたくさんあり、40代になると多く ...

© 2021 現役MRのブログ Powered by AFFINGER5