MRの転職エージェント

ビズリーチの口コミ・評判は?転職先企業名やメリット・デメリットを紹介!

こんにちは!リョウタです。

MRとしての経験を活かして転職しようとした際、悩むのは「転職方法」ではないでしょうか。独特の業界であるため自分ひとりで情報収集することが難しく、転職を躊躇ってしまう人も多いと思います。私自身、初回の転職は別業種からMRだったのですが、転職エージェントの利用により情報収集やノウハウが飛躍的に集まり、無事転職に至りました。

今回は、転職エージェントのひとつである「ビズリーチ」について解説します。ビズリーチは、ハイクラス・専門職向けのエージェントであるため、MR案件も多数扱っているのが特徴です。

利用のメリットやデメリットにも触れるため、気になる方はぜひ目を通してみてください。

 

ビズリーチを先に見に行く

 

ビズリーチとは

ビズリーチとは、株式会社ビズリーチが提供する転職エージェントサービスです。

「選ばれた人だけのハイクラス転職」を掲げるサービスであり、アピールできる職歴や実績のある人向けであると言えるでしょう。例えば、管理職経験がある、新規事業の立ち上げを担当したことがある、常にトップ営業マンとして成果を上げてきた、海外販路の獲得に成功したなど、客観的に分かる実績があれば強いです。

製薬会社やCSOへの転職案件も多く、MR職の転職も可能です。私も前の転職の時にビズリーチを使っていました。絶えず、好待遇の案件が掲載されていたのが印象的ですね。

ビズリーチの特徴

まずは、ビズリーチの特徴を紹介します。

他のエージェントサービスと異なるポイントでもあるため、まずは概要を理解していきましょう。

ハイクラス向け転職エージェントである

ビズリーチは、ハイクラス向けの転職エージェントです。

  • 管理職
  • 専門職
  • 次世代リーダー
  • グローバル人材

などに強く、MRなどの専門職も対象に含まれています。

他のエージェントでは、第二新卒・既卒・若手から管理職などのハイクラス人材まで同時に掲載されていることが多く、案件の絞り込みに時間がかかってしまうことが多いですよね。私も、応募していいと思える案件に出会うまでの時間が長く、不便さを感じることがありました。

ビズリーチでは、最初からハイクラス向けの案件しか掲載しないため、検索の手間をグッと楽にできます。

40代以降の利用が多いことでも知られており、職歴・経験・実績・スキル重視のエージェントだと分かります。

年収1,000万円以上の求人が3分の1を占める

ビズリーチで扱う求人の3分の1は、年収1,000万円以上の案件です。

その理由として、ハイクラス向け転職であるためベースとなる給与が高めに設定されており、内定後の給与交渉が前提となっていることが挙げられます。

他のエージェントでは年収350万円前後の若手向け案件も多く、仕事内容が魅力的だと思っても、条件面で合わない残念なマッチングも生じます。

そのため、よりキャリアに合った収入を狙いたい人は、ビズリーチの方がおすすめです。

4,600人のヘッドハンターが在籍している

ビズリーチには、4,600人のヘッドハンターが在籍しています。

相性のいいヘッドハンターと出会いたい人にとっては、利用のメリットが大きくなります。

せっかくいいサービスでも、ヘッドハンターの数が少なすぎると、案件が回ってくるまでに時間がかかってしまうので勿体ありません。

また、ヘッドハンターごとに強い業界・職種があり、IT系に強いヘッドハンターもいれば、医療系に強いヘッドハンターも存在します。

私も複数人のキャリアカウンセラーと面談してきましたが、医療系に強い方と、そうでない方ははっきり分かれる印象です。医療系に強い方は、私の経験や実績を正確に評価してくれました。

自分が目指す業界とマッチしているヘッドハンターであれば、MR独特の文化や背景を理解したうえで、効果的な転職につなげてくれますよ!

自分の市場価値を正確に把握できる

複数のヘッドハンターと同時に交渉することが可能であり、自分の市場価値を正確に把握できることも魅力です。

私の経験でもありますが、転職に慣れてないうちは自分のスキルに見合っていないハイレベルな求人ばかり見てしまったり、反対に年収を下げてしまいかねない求人が気になってしまったり、ポイントを絞り切れないこともありますよね。

一般的なエージェントでも似たようなことを謳っていますが、ビズリーチでは「自分にどんなスカウトが何件くるか」、数字で判断できることもポイントです。

今の自分にどれだけニーズがあるか知ることで、転職の成功率を上げやすくなるでしょう。

また、納得のいく企業探しや年収交渉ができる可能性も高まります。

有料プラン「プレミアムステージ」が存在する

ビズリーチには、有料プランである「プレミアムステージ」が存在します。

一般的に転職エージェントは無料で利用でき、ビズリーチも基本的に無料ではありますが、コストをかけて転職活動の幅を広げられるため、検討してみましょう。

具体的には、下記のような拡張機能が利用できます。

  • 全ての求人の検索・閲覧・応募
  • 全てのスカウトの閲覧・返信
  • ビズリーチプレミアムの各種コンテンツ利用

プレミアムステージを活用することで、自分が気になる案件にはどんどん応募できるようになり、転職終了までのタイムラグを大幅に短縮できます。

また、スカウトの閲覧制限がかかっていないため、いいヘッドハンターとも出会いやすくなるでしょう。より高待遇の案件を紹介してもらい、かつミスマッチのない転職が叶いやすくなります。

タレント会員の場合は30日3,278円ハイクラス会員の場合は30日5,478円です。

自身で申し込みをしない限り利用料金は発生しないため、利用をしたくない人でも安心です。

 

ビズリーチの公式サイトはこちら

 

ビズリーチのメリット

ここでは、ビズリーチのメリットを紹介します。

利用を検討している人は、併せて確認してみましょう。

これまでのキャリアを最大限活かせる

ビズリーチはハイクラス向け転職エージェントであるため、過去の職歴・経験・実績を重視します。

丁寧なヒアリングもおこなわれるため、これまでのキャリアを最大限活用して転職しやすくなるでしょう。

企業側も求職者に十分なスキルを求めているケースが多く、効果的なアプローチができればミスマッチ転職も防げます。

実際にビズリーチ経由で出会ったヘッドハンターは、学生時代の努力や就活時代の軸まで遡り、ひとつひとつ仕事内容を深掘りしながらヒアリングしてくれました。そのうえでキャリアに合った案件を紹介してくれるため、信頼度も非常に高かったです。

年収アップを叶えやすい

ビズリーチで扱う案件の3分の1は、年収1,000万円以上で設定されています。

実際に検索してみると、条件のよさに驚く人も多いのではないでしょうか。

ハイクラス向け転職エージェントであるため、年収交渉をすることが前提という空気感があり、前職よりも収入をアップさせやすいことが特徴です。

上り幅はキャリアにより異なりますが、きちんとニーズがマッチしていればキャリアダウンにはならないでしょう。

自分からヘッドハンターを探せる

ヘッドハンターからのスカウトを待つだけの「守りの転職」ではなく、自らヘッドハンターを探してアプローチする「攻めの転職」が叶います。

医療業界に詳しそうなヘッドハンターや、実績のあるヘッドハンターを自ら探して声をかければ、成功の確率を大幅に上げやすくなるでしょう。

実際、待つだけの転職は非常に疲れます。時間を無駄にしているような気がして焦ってしまうし、僕も「このまま理想通りの転職ができるのかな…」と不安になったこともありました。

相性重視で選びたい場合にもビズリーチは非常に有効な手段であり、ストレスのない転職が叶います。

ビズリーチのデメリット

反対に、ビズリーチのデメリットも解説します。

「こんなはずではなかった…」と後悔しないよう、あらかじめデメリットも知っておきましょう。

キャリアや経験がないと不利になる

ハイクラス向け転職エージェントであるため、キャリアや経験がないと不利です。

せっかく登録しても、ヘッドハンターから声がかかる数が少なかったり、思うような年収レベルに到達できなかったりすることもあるでしょう。

私も、MR以外の仕事に未経験転職するとなったら、ビズリーチでないエージェントを使うと思います。

まずは自分にはどんな条件の内定が出そうか、調べてみるのもよいでしょう。

若手は利用しづらい

20代30代などの若手は、利用しづらいケースがあります。

全体的にレベルの高いエージェントであることを理解し、40代50代と同じ土俵で戦う覚悟が必要です。

ただし、スキルが最重要視されるため若手であっても十分なアピールポイントがあれば問題ありません。

私自身も30代ですが、経歴や転職への思いをしっかりヘッドハンターに伝えたことにより、理想通りの転職ができました。

あまり身構えすぎず、まずは相談から始めてもいいかもしれません。

急ぎの転職には向いていない

ヘッドハンターと面談・交渉したうえで企業の面接を受けるスタイルであるため、急ぎの転職には向いていません。

一般的な転職エージェント以上に、密なヒアリングがおこなわれると認識しておきましょう。

私自身、ビズリーチ経由で知り合ったヘッドハンターには、相当丁寧ヒアリングをしてもらいました。経歴・職歴・実績はもちろん、転職先に何を求めるか、今後どんな働き方をして何を成し得たいかなど、考えていなかったようなことまで細かく深掘りしてもらえたのです。

時間はかかりますが、その分ミスマッチ転職の確率は大きく減らせたと思います。

転職を検討している場合は、早めに登録しておくことがカギとなるでしょう。

ビズリーチの口コミ・評判

ここでは、ビズリーチの口コミ・評判をいくつかピックアップします。

実際に利用した人による生の声を聞き、参考にしていきましょう。

豊富なスカウトがくるため、選択肢の幅を広げやすいという口コミが多数確認できました。

また、自分のキャリアを棚卸しするきっかけにもなっているようで、転職時には大いに活用できそうです。

確かに、私自身も上記の口コミような感想を抱いてるため、大きな相違はないと感じます。

ビズリーチ利用者の転職先

次に、実際にビズリーチが扱っている求人の一部を見ていきましょう。

どんな会社からの求人があるか知り、イメージを固めていくことが大切です。

アステラス製薬株式会社

アステラス製薬株式会社は、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」ことを経営理念に掲げる製薬企業です。

日系グローバル企業としても知られており、国内だけでなく海外の医療機関・製薬会社・研究機関と連携しています。

常に時代の最先端を切り開く積極的な取り組みをおこなっており、自分の限界にチャレンジしたい人は応募してみるとよいでしょう。

武田薬品工業株式会社

武田薬品工業株式会社は、大阪と東京に本社を置く製薬会社です。

モデルナ社と提携して新型コロナウイルスのワクチン生産に乗り出したため、近年特に注目度が上がっている会社ですよね。

採用サイトにはMR職社員のインタビューが多数掲載されており、職場のイメージがしやすいことも特徴的です。

株式会社インテリム

株式会社インテリムは、オンコロジー・再生医療・グローバル開発をはじめとし、CROをこえた薬品・医療機器の開発を手掛ける企業です。

公式サイトには、MRをはじめとする募集職種が多数掲載されているため、気になる方はチェックしてみましょう。

基本的に給与は「応相談」となっているため、ビズリーチのような交渉経験のあるヘッドハンターの力を借りて、より優位な交渉をしていくことがポイントとなりそうです。

株式会社サイフューズ

株式会社サイフューズは、再生医療領域にける再生医療等製品の開発・細胞製品の開発や販売を手掛ける企業です。

研究用組織による創薬支援もしており、新しい薬を広めるためにMRの力が欠かせない領域だと言えるでしょう。

新たな分野にチャレンジしていきたい方におすすめの企業です。

他にもこんな企業が!

上記の他に、下記のような有名企業もビズリーチを利用しています。

  • 旭化成株式会社
  • 第一三共株式会社
  • エーザイ株式会社
  • サンスター株式会社
  • 株式会社フィリップス・ジャパン
  • ニプロ株式会社
  • 小林製薬株式会社
  • アース製薬株式会社
  • 沢井製薬会社
  • ファイザー株式会社
  • 中外製薬株式会社
  • 田辺三菱製薬株式会社
  • ノバルティスファーマ株式会社
  • グラクソ・スミスクライン株式会社
  • 小野薬品工業株式会社
  • 塩野義製薬株式会社
  • 日医工株式会社
  • 日本イーライリリー株式会社
  • 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
  • MSD株式会社

全国規模どころか世界規模で活躍する企業も多いです。

外資系製薬会社のMRを目指したい人も、ビズリーチであればグローバル人材募集案件も多数あるため、最低です!

こんな人にオススメ!ビズリーチ

ビズリーチの利用に向いているのは、下記のような人です。

  • ひとつの業界における就業年数が長い人
  • MRなど専門性の高い職種を極めている人
  • 転職市場で有利になるスキルや経歴がある人
  • キャリアアップして年収を上げたい人
  • 40代50代を迎え、最後の転職を叶えたい人

エージェントサービスに依存しない中立性のあるヘッドハンターの力を借りることで、企業との交渉もまとまりやすくなるでしょう。

自分の強みを活かしながら、よりステップアップしたい人は登録をおすすめします。

まとめ

ビズリーチは、ハイクラス向けの転職エージェントサービスです。

MRとしての専門性を活かして転職したい場合に向いており、まずは案件を見ながら自分の理想に合ったものを探していくのがよいでしょう。

また、ヘッドハンター側から案件を紹介してもらえることも多く、登録しておいて損はありません。

今後のキャリアについて悩んでいる方は、一度登録してみることをおすすめします。

 

ビズリーチの公式サイトはこちら

 

おススメしたい転職エージェント、キャリアコンサルタント

昨今、働き改革という言葉を中心にライフスタイルの多様化が良く言われますが、転職についても同様のことを考慮する必要があります。

転職先が自分の思っていた環境と違った、新しく始めた仕事が向いてなかった、ということになるとただでさえ職の流動性という意味では閉鎖的な国内市場ではかなり不利な状況になります。

そういう事態を防ぐためにも転職エージェントやキャリアコンサルタントと常にコンタクトをとることは重要です。私がいつもお世話になっている転職エージェントも含めて、おススメを紹介したいと思います。

ハイクラス・外資系転職に強い「JAC Recruitment」

日本に参入して30年、海外で起業して45年の実績を誇る「JAC Recruitment」

特にハイクラス・外資系案件に強いですが、他のエージェントと比較しても幅広い求人案件を取り扱っています。

定期的に自分に合った案件も紹介してくれるので、今すぐ転職を考えている人だけでなく、自分の市場価値を知りたいという人にもおススメです。

自分のやりたいこと、適性を見つける「ポジウィルキャリア」

自分のキャリアプランに悩んでいる方には転職エージェントに行く前にそもそも何をしたいのかを定める必要があります。

といっても自分の周りには限られた情報しかなく、1人で考えていても答えは出ない。そんな方におススメなのが「ポジウィルキャリア」です。

自己分析から今後のキャリアプランまでのコンサルを受けることができ、今後の自分のキャリアの指針にすることができます。

-MRの転職エージェント

© 2021 現役MRのブログ Powered by AFFINGER5