MRの転職エージェント

【コンサルタント専門エージェント】アクシスコンサルティングによるキャリアチェンジ!

こんにちは!現役MRのリョウタです。

実は、MR職での経験は他職種でも活きることをご存知でしょうか。医療現場に必要な情報を見極め、アドバイスを含めながら情報収集・提供・伝達をするMRとしてのスキルは、コンサルティング業界でも重宝されます。

今回は、コンサルタント専門エージェント「アクシスコンサルティング」について解説します。

私も、営業からMRに転職するときには、医療・製薬業界に強いエージェントに相談しながら情報収集しました。今後MRからコンサルタントへのキャリアチェンジを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

アクシスコンサルティングの詳細はこちら

アクシスコンサルティングとは

アクシスコンサルティングとは、アクシスコンサルティング株式会社が提供する転職エージェントです。コンサルタントにおけるすべてのキャリアプランを熟知するエージェントとして有名で、現役コンサルタントの転職支援実績NO.1に輝きました。

実際にMRからコンサルタントとしてキャリアチェンジする人のサポートもおこなっており、医療・製薬系コンサルタントとして活躍することも可能です。MR職では自社の商品に関する話題が中心になりますが、コンサルタントとして転職できれば、製薬会社の枠を取り払った幅広い視点でアドバイスできるようになるでしょう。

私自身、医療機関に出入りしているときにコンサルタントの方を見かけることが多々あります。時にはコンサルタントも交えながら医師や経営上層部とコミュニケーションを取ることもあり、今後の医療・製薬業界に欠かせない職種となるでしょう。

アクシスコンサルティングの特徴

まずは、アクシスコンサルティングの特徴を紹介します。

一般的な転職エージェントと何が違うのか、まずは概要を理解していきましょう。

17年間で5,000人のコンサルタント支援をした実績がある

アクシスコンサルティングは、設立17年の歴史において、5,000人のコンサルタント支援をした実績を持っています。

MR職からコンサルタントになる人以外にも、営業・事務・エンジニアなどIT系職種など、幅広い職種からの転身を支えてきました。もちろん、元々コンサルタントとして働いていた人が転職するサポートもしており、未経験からハイキャリアまで幅広く対応していることが分かります。

平均支援期間が3年と長い

アクシスコンサルティングにおける平均支援期間は、3年です。「生涯のキャリアパートナー」を目指し、転職のその次まで見据えたキャリアプランを提案していることが強みだと言えるでしょう。

私もさまざまなコンサルタントの方を対話してきましたが、ご自身のスタンスやキャリアビジョンが明確な人ほど、周りからの信頼を集めていた印象があります。10年20年先まで見据えて提案することの多いコンサルタント職は、自分のキャリアを見据えるうえでも長期的な視点を欠かさないのだと分かります。

アクシスコンサルティングの詳細はこちら

アクシスコンサルティングのサポート内容

次に、アクシスコンサルティングで実際に提供しているサポート内容を紹介します。

アクシスコンサルティングに関する理解をより深めていくためにも、チェックしてみましょう。

キャリア・市場価値判断

本格的に転職活動を始める前に、アクシスコンサルティングでは必ずキャリア・市場価値判断をしてくれます。自分が市場からどのくらい求められる人材なのか、年収や雇用条件はどれくらいが相場となるか、目安を知ることができるでしょう。

私がMR転職するときも、毎回市場価値診断の結果は最重要視しています。自分がMR市場のなかでどのポジションにいるのか分かれば、抱いているキャリアプランとのズレも認識しやすいです。努力の方向性も定まりやすいため、利用しない手はないでしょう。

選考書類作成のアドバイス

履歴書・職務経歴書など選考書類の添削・アドバイスをしてくれます。企業によってはエントリーシートのような事前課題がある場合もあり、エージェントに相談しながら進めるのがよいでしょう。

私も、はじめてMRへの転職を希望したとき、エージェントからの書類添削サポートを受けました。製薬会社に響きやすい書類があるのと同様、コンサル業界に響きやすい書類が存在します。特に業界未経験で知識がない人ほど、素直に相談してみることをおすすめします。

企業との面接調整・面接対策アドバイス

選考を希望する企業に連絡して面接日を調整したり、1社ごとに企業分析をして面接対策アドバイスを受けたりすることが可能です。面倒なやり取りを任せられるうえ、時間を空けずレスポンスしてもらうことでどんどん転職活動を進められます。

特に、在職中の転職で忙しい人、ブランクを空けずに転職したい人にとっては、ありがたいシステムだと言えるでしょう。

選考フィードバック

アクシスコンサルティングでは、選考のフィードバックをおこなっています。内定が得られたときには、どんなことを期待して内定を出していただいたのか、どんなポイントが好印象だったか教えてもらえます。反対に、選考に落ちてしまった場合は今後の改善点を学ぶ機会となるでしょう。

「数打てば当たる」方式でたくさん面接を受ける方法もありますが、1社ごとに的を絞って受けていくのがよいでしょう。フィードバックは人から見た客観的な自分を見れる貴重な機会のため、自己分析にも役立ちます。

退職交渉アドバイス

在職中の場合、退職交渉に関するアドバイスをしてもらえます。退職願の書き方・健康保険や雇用保険の取り扱い・取得しておくべき書類など事務的な内容はもちろん、引き留めや引継ぎに関することも相談可能です。

コンサルやMR職に限定したことではありませんが、退職交渉に難航してしまうケースは意外と多いものです。私自身、十分な引継ぎ期間を考慮して退職の意思を伝えたにも関わらず、調整や交渉に時間がかかった経験があります。「立つ鳥跡を濁さず」で退職するためにも、まずは作戦を立てて相談していくのがよいでしょう。

アクシスコンサルティングのメリット

ここでは、アクシスコンサルティングのメリットを紹介します。利用を検討している人は、併せて確認してみましょう。

MR職からキャリアチェンジできる可能性が高い

アクシスコンサルティングは、業界未経験からのコンサル転職をサポートしています。MRからコンサルタントにキャリアチェンジした方の事例もHP上に掲載されており、細かな段取りや面接での注意点を伝えてもらえることが分かります。

MR職で培ったスキルは、コンサル業界でも役立ちます。今後キャリアチェンジを検討している人は、登録しておいて損はないでしょう。

コンサルティングファーム、ポストコンサルどちらへの転職も可能

コンサルティングファームはもちろん、ポストコンサルへの転職も可能であり、幅広い求人案件が存在します。なかには未経験歓迎企業もあり、幅広い選択肢があることがメリットです。

私も、転職の際には選択肢の広さでエージェントを決めました。最終的に1社に絞らざるを得ないとはいえ、「自分が知らない魅力的な企業があった」「知っていたら必ず選考を受けていた」という後悔はなくしたいものです。

アクシスコンサルティングに限らず、エージェントを選ぶ際には選択肢の広さをひとつの基準にしてみることをおすすめします。

日系・外資・大手・ベンチャーなど選択肢が広い

日系企業はもちろん、外資系企業・グローバル企業・多国籍企業などの案件が存在することも特徴です。また、業界最大手レベルの企業から、ベンチャー・スタートアップまで手掛けており、自分のキャリアイメージに合った転職先を探せます。

私が初めて外資系MR転職をする際にも感じましたが、その分野に特化したエージェントに登録しないと、外資系の選択肢はなかなか広がりません。ハローワークや一般求人情報誌にはほぼ掲載されていませんので、注意しましょう。外資系コンサルを目指す人は、アクシスコンサルティングのようなエージェントを検討することが重要です。

コンサルタントとして独立したい人にも向いている

アクシスコンサルティングでは、転職サポートだけでなく独立サポートも実施しています。フリーランスコンサルタントとして今後活躍したい人や、自分で会社を作って独立したい人は、相談してみるとよいでしょう。

フリーランスとして安定した収入を得るには、高単価案件を受注することと、案件を途切れさせないことが重要です。大手事業会社・上場企業からの直請け案件が多く、マージンを抑えて利用しやすいアクシスコンサルティングを、フリーランスエージェントとして活用してもよさそうです。

アクシスコンサルティングの詳細はこちら

アクシスコンサルティングのデメリット

反対に、アクシスコンサルティングはのデメリットも解説します。利用を始めてから後悔することのないよう、あらかじめデメリットも知っておきましょう。

MRへの転職には使えない

アクシスコンサルティングは、その名の通りコンサルタント専門エージェントです。当然、MRをはじめとする他職種の転職には使えません。

MRの転職には、MRを得意とするエージェントを頼るのがよいでしょう。同様に、営業職として転職したいときには、営業職に強いエージェントを探すのがおすすめです。

エントリーしないとほぼ求人内容が見れない

アクシスコンサルティングは、エントリーしないとほぼ求人内容を見れません。HP上で一部の新着案件がクローズアップされることがあっても、社名や年収はほぼ非公開とされています。詳しい情報を知りたい場合、会員登録してエージェントと面談する必要がある点に注意しましょう。

とはいえ、登録して損になることはほとんどありません。まずは登録してみて、最初のカウンセリングや紹介される案件の内容を見つつ判断してみるのもよいでしょう。

直接対面でのサポートを受けられない

エージェントによるサポートは、電話・メール・チャットなどでおこなわれます。模擬面接もオンライン上で実施され、直接対面でのサポートは受けられません。対面でのサポートにこだわりたい人や、オンライン上でのやり取りに不安のある人は、向いていない可能性があります。

とはいえ、私の経験上、サポートの形態はあまり質に影響しないように感じています。それよりもアドバイザーとの相性やサポートのきめ細かさの方が重要であり、満足できるサポートを受けられるのであれば対面でもオンラインでも問題ありません。

まずは相性が合うか、登録して判断してみるのがおすすめです。

アクシスコンサルティングの口コミ・評判

ここでは、アクシスコンサルティングの口コミ・評判をいくつかピックアップします。

私以外の人から寄せられる生の声も、参考にしていきましょう。

サービス特性の通り、コンサル業界に強いという口コミが多数ありました。

実績・対応・熱意ともに沿っているエージェントであると評判なため、コンサル転職を希望する人はぜひ活用してみましょう。

まとめ

アクシスコンサルティングは、コンサルタントの生涯キャリアパートナーとして転職サポートをおこなうエージェントです。

コンサル経験がある人はもちろん、MRからコンサルタントにキャリアチェンジしたい人も丁寧にサポートしてくれます。MRで培った経験を活かして新たな可能性を模索したい人は、利用しない手はないでしょう。

オンライン上で面談できるうえ、平日夜間や土日祝日にも柔軟に対応してくれます。転職するか迷っている場合や、コンサル業界の情報収集をしてみたいだけの場合にも、まずは登録して相談してみることをおすすめします!

アクシスコンサルティングの詳細はこちら

おススメしたい転職エージェント、キャリアコンサルタント

昨今、働き改革という言葉を中心にライフスタイルの多様化が良く言われますが、転職についても同様のことを考慮する必要があります。

転職先が自分の思っていた環境と違った、新しく始めた仕事が向いてなかった、ということになるとただでさえ職の流動性という意味では閉鎖的な国内市場ではかなり不利な状況になります。

そういう事態を防ぐためにも転職エージェントやキャリアコンサルタントと常にコンタクトをとることは重要です。私がいつもお世話になっている転職エージェントも含めて、おススメを紹介したいと思います。

ハイクラス・外資系転職に強い「JAC Recruitment」

日本に参入して30年、海外で起業して45年の実績を誇る「JAC Recruitment」

特にハイクラス・外資系案件に強いですが、他のエージェントと比較しても幅広い求人案件を取り扱っています。

定期的に自分に合った案件も紹介してくれるので、今すぐ転職を考えている人だけでなく、自分の市場価値を知りたいという人にもおススメです。

自分のやりたいこと、適性を見つける「ポジウィルキャリア」

自分のキャリアプランに悩んでいる方には転職エージェントに行く前にそもそも何をしたいのかを定める必要があります。

といっても自分の周りには限られた情報しかなく、1人で考えていても答えは出ない。そんな方におススメなのが「ポジウィルキャリア」です。

自己分析から今後のキャリアプランまでのコンサルを受けることができ、今後の自分のキャリアの指針にすることができます。

-MRの転職エージェント

© 2021 現役MRのブログ Powered by AFFINGER5