MRの価値

ついに新型コロナで活動自粛して1年が経ってしまったが成長したのか

MRの価値

こんにちは。

現役MRのリョウタです。

ウチの会社では、昨年の3月1日から活動自粛が始まったので、ちょうど1年が経ったことになります。

歳を取ると時間が経つのが早くなると言いますが、この1年は特に早かったように感じるのは私だけでしょうか。

こんなことはインフルエンザウイルスが流行して以来約100年ぶりのことで、世界中のほとんどすべての人が1度も経験したことがないようなことだったから、時間が経つのが早く感じたんでしょうかね。

例年と比べても明らかに違う生活を1年間送りましたが、自分がこの1年でなにか成長したかということが特に気になる1年でもあります。

それはなぜなのか?

自分は成長したのか?

これについて、自分のことを振り返って考えてみたいと思います。

新型コロナウイルス流行によって成長したか

ポジティブに捉えると、100年に1度の経験をすることができたとも言えますね。

大勢の方が感染して、中には亡くなってしまわれた方も沢山いますので、そういう言い方をするのはどうかと思いましたが、やはり生きている人は前を向いていかなければならないと思います。

これだけの経験をして、今までと同じように生活していくというのも人それぞれではあります。

でも、やっぱり人生を揺るがすような体験をしたからには、生き方が何も変化しないというのもつまらないと自分は思います。

これは東日本大震災のときも同じことを感じました。

サラリーマンをやっていると、毎日毎日が同じようなことの繰り返しになりますので、今の生活を半永久的に続けていけるような錯覚になり、なかなか5年後、10年後、20年後のような少し先の将来について考える機会が少なくなります。

しかし、そういう生活が終わるのは必ずしも定年退職の日ではないかもしれません。

突然事故に遭うかもしれませんし、病気になるかもしれません。

災害も起こりえます。

2011年の東日本大震災の直後には、そういう日が突然来たとしても後悔しないくらい楽しい生活を送っていけるようにするためにはどうすればよいかということを、これまでより考えるようになりました。

その答えの1つが、経済的に独立するということです。

今までの「定年退職までどう働くか」というのではなく、「定年退職を早めるにはどう働くか」を追求するようになりました。

今回の新型コロナの流行でも、「世の中の動きが変わったり速くなったりしても、自分の人生をコントロールしていけるようにならなければいけない」と感じました。

だから、これまでよりも投資に資金配分を増やしてきました。

「不景気の株高」ということもあって、資産は今の時点で3倍近くになっていますので、自分的にはそこそこ成長できたかなと思っています。

私はFIREを目指しているため、資産の増加こそが一番物理的な成長になっているのですが、自分の価値観で成長できていると感じるなら何でも良いと思います。

仕事とか、料理とか、筋肉とかほんと人それぞれ違うと思います。

もしも、なんとなく1年間を過ごしてしまったという方がいても、問題ないと思います。

こんな異常な状況なんですから当然です。

今からの1年間を充実させればいいんじゃないでしょうか。

思い切って価値観を変えてみたり、普通ならやらないことをやってみたりすると良いと思います。

なんかスピリチュアルな話になってしまった気がしますが、まだ続くコロナ禍を楽しく生きていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました